イヌモネコモで掲載中のコラムも大人気!あちこちの猫関連メディアや雑誌で活躍中の獣医師、山本宗伸先生の著書「ネコペディア~猫のギモンを解決~」をご紹介します。

nekopedhia

(エメラルドグリーンに猫ちゃんイラストの表紙が目印)

ネコペディアは山本宗伸先生の同名ブログで掲載されていた記事を、1冊の本にまとめたもので、2015年の2月に出版されました。ブログの内容が健康学、行動学、雑学、「こんなときどうする?」の4つの章に読みやすく分けられ、獣医師さんならではの猫についての面白い&役立つ情報が満載です。

猫を飼っている人はぜひ読んで欲しい1冊

イヌモネコモ編集部の私も猫を飼っていますが、この本を読んで「猫を長年飼っていても知らないことがたくさんあるなぁ」と感じました。たとえば、トイレの後にハイテンションになる理由や、猫が喉をゴロゴロ慣らす理由などは、猫飼いのみなさんも「へ~!」と思ってしまうはず。
また、実際の猫との生活で役立つ知識もたくさん紹介されています。たとえば、歯みがきの仕方や薬の飲ませ方、トイレで気を付けてあげたいポイントなど、獣医さんの目線で書かれているので、実践しやすく、猫の気持ちに寄り添ったものになっています。
特に健康に関しては、大切な家族の猫のためですから正しい知識を持っておきたいものですよね。猫を飼っていて「こんな時どうすればいいの…?」と思った経験がある方はぜひご一読を。長年猫を飼っている人、猫を初めて飼う人、どちらにとっても知っておきたい知識が詰まっています。

他の猫本にないユニークな情報が面白い!

目の付けどころがユニークで、猫についてのかなりマニアックな情報も知れるのがこの「ネコペディア」。「猫の利き手」についてや、「猫の集会」の開催理由と参加資格など、猫を飼っていなくても読み物としてもとても面白い内容になっています。

ブログ「ネコペディア」ファンの方も、これまでブログを読んだことがない方も楽しめる「ネコペディア」書籍版。猫について知れば知るほど、猫が好きになっちゃいます。
書店で見つけたらぜひ手にとってみてくださいね!

★ご購入はこちら→amazon

山本宗伸先生のコラム一覧はこちら