81fdf9ce325afaa951778015af56f2a1_s

犬の誤飲や誤食といえば、どんな飼い主さんも一度や二度はギョっとしたことがあるのではないでしょうか。仮に何か異物を飲み込んだとしても、無事に胃腸を通過して排泄されることはよくあります。

しかし、もし排泄されなかったら?さらには愛犬の体内で害を及ぼしていたら?

――そうなんです。犬の誤飲と誤食は、私たち人間が考えている以上に、実はとても深刻な問題を引き起こすことがあるのです。

犬の誤飲や誤食がなぜ危険なのか?

道に落ちているものを食べたら不衛生――。確かにそれもありますが、もっと命にかかわる問題なのです。

1.気管や食道に詰まって窒息

異物が胃に到達する前に食道で詰まった場合、吐き出そうとしても戻らないことがあります。すると気道が圧迫されて呼吸困難となり、最悪の場合は窒息死してしまう危険性もあるのです。

2.胃や腸に詰まると障害をきたす原因に

異物が胃に到達した後、十二指腸につながる幽門(ゆうもん)に詰まることがあります。それによって嘔吐がうながされ、逆流する段階で食道に詰まってしまい、窒息死する可能性があります。

また、幽門を通過したとしても、その先の腸で詰まる可能性があります。腸閉塞を起こした場合、放置すれば命にかかわる危険な状態ですから、外科手術で取り出さなければなりません。

3.腹膜炎などの慢性的な胃腸炎に

飲み込んだ異物が胃腸のどこかにとどまってしまうことがあります。このような場合、飲み込んだ直後は症状がでなくても、数日たってから胃炎や腸炎を引き起こすことも。また、異物を飲み込んだ後、嘔吐や排泄で出たとばかり思っていたら、実は体内に欠片が残っていて腹膜炎を引き起こすこともあるのです。

4.中毒症状の原因に

飲み込んだものによっては、中毒症状を引き起こすことがあります。嘔吐や痙攣(けいれん)、失禁のほか、呼吸困難や昏睡状態のように、命の危険をともなう可能性もあります。

上記1~4の症状のうち、異物を飲み込んでから短時間で起こるのは1の気道閉塞と、4の中毒症状です。しかし2と3の胃腸に関わる症状は、誤飲直後には気づきにくいもの。愛犬の体調悪化に気づいたときには、すでに重症化しているかもしれません。

異物を飲み込んでしまったら、大丈夫そうだと思っても、大事をとってかかりつけの獣医師に相談したほうがよさそうです。

犬の身近にある誤飲・誤食すると危険なもの

<食品、食材>

  • 爪楊枝や竹串などの、先が鋭利に尖ったもの
  • トウモロコシの芯、果物やアボカド、梅干の種
  • タマネギ、長ネギなどのネギ類、ニンニク、チョコレート、ぶどう、キシリトール、アルコール、カフェインなどの、犬にとって害のある成分が含まれた食品

これらはゴミ箱や食品庫をイタズラするうちに、飲み込んでしまうことがあります。

<部屋の中にある日用品>

  • 画鋲、押しピン、マチ針、安全ピンなどの針状のもの
  • クリップ、輪ゴム、結束バンド、ヘアピン、ヘアゴム、ボールペンのキャップ、消しゴム
  • 裁縫用の糸や毛糸、ビニールひも
  • 靴下、手袋、ハンカチ、タオルなどの布製品やスポンジ、たわし

これらは部屋の中を見回すと、いくらでも見つかるものばかり。しかもレントゲンに映りにくいものもあり、誤飲すると厄介なものなのです。

<犬用のオモチャ、遊具>

  • ヌイグルミの中綿や縫い糸
  • 噛んで遊ばせるタイプの犬用オモチャ
  • 犬がくわえやすいサイズのボール(野球、テニス、ゴルフ、卓球など)

犬の口より小さなボールは非常に飲み込みやすいため、特に注意が必要です。また、犬用のオモチャであっても噛み砕いて大量に飲み込んでしまうと、嘔吐のほか胃腸炎などの原因になることがあります。

<その他>

  • タバコの吸殻、吸う前のタバコ、ニコチンガム
  • 人間用の医薬品
  • 洗剤、漂白剤、殺鼠剤、農薬などの化学薬品

飼い主が知らないところで飲み込んでしまうと、なぜ愛犬の体調が悪化したのかわかりにくいことがあります。そうなると適切な対処が遅れてしまいがちに。犬のいる空間にはこれらのものを置かないことが一番なのかもしれません。

犬ののどに何かが詰まった!

犬の食道に何かが詰まってしまった場合、少々荒っぽいことをしてでもすぐに取り出さないと非常に危険です。こんなときは、飼い主さんの緊急処置が生死を分けることもありますから、窒息には迅速に対処する必要があるのです。

1.口を開いて詰まったものが見える場合は、手、お箸、ピンセットなどを使って強引にでも取り出してください。舌を指で引き出すとのどが開きやすくなります。

2.口を開けても詰まったものが見えない場合は、犬の後ろ足を持って頭が下になるよう宙吊りにし、背中を手の平で強めに叩きます。大型犬の場合は宙吊りが無理なら横向きに寝かせた状態で、胸の下あたりを手で強く押し込むようにして吐き出させてください。

3.どうしても詰まったものがのどから取り出せない場合は、箸などを使って押し込んでみるしかありません。それと同時に、宙吊りとは逆で前足を犬の頭上に持ち、立たせた上体で詰まったものが胃に落ちるように体をゆさぶってください。

これらの対処は一見するととても荒っぽく感じられると思いますが、息ができないままにしておくと、窒息死してしまうかもしれません。ためらっている暇はありませんから、やるなら思いきってトライすることが大切です。

のどに詰まった異物が取り出せたらすぐに動物病院へ連れていき、食道、胃腸などにダメージがないか診察してもらいましょう。

動物病院に連れていく前の応急処置

犬が異物を誤飲・誤食してしまったら、とにかく急いで動物病院に連れていくことが大切です。その際に、飼い主さんが緊急処置をしたほうがよい場合もありますが、飲み込んだものの種類によっては、何もせずに病院へ連れて行ったほうがよいことも。

○先が尖ったものや、強引に吐き出させると胃腸や食道を傷つける可能性があるもの

→なにもせずに、早急に動物病院へ。

○ボールや靴下、タオルなどの柔らかいもの

→吐き出さなかった場合は早急に動物病院へ。

○梅干やアンズの種

→中毒物質(シアン)が含まれているため、塩水、オキシドールなどを飲ませてすぐに吐き出させたほうがよい。

○タバコの吸殻、ニコチンガム

→飲み込んですぐの場合(まだ胃の中にある状態)は吐き出させたほうがよい。ただし、牛乳などの水分を飲ませてしまうとニコチンの吸収率が高まる腸へと移動しやすくなるためNG。そのため吐かせる場合は塩水よりオキシドールで。

○人間用の医薬品

→塩水やオキシドールなどを使って吐かせた後、どういう薬をどの程度飲みこんだのかわかる状態で動物病院へ。

○台所用洗剤、洗濯用洗剤、漂白剤など

→胃の粘膜を保護するために牛乳などを飲ませたら、吐かせずに動物病院へ。吐かせると飲み込んだものの成分が食道の粘膜を傷める原因となることがあるため。

○マニキュアの除光液、灯油、ガソリンなどの揮発性物質

→なにもせずに急いで動物病院へ。吐かせてしまうと含まれる成分を吸い込んで肺炎の原因となることがあるため。

緊急時の対処は飲み込んだものによって違います。不明な場合は動物病院に連絡をして何を飲み込んだか伝え、連れていくまでに必要な対処があるかを確認したほうがよいでしょう。

犬の吐かせかた

異物を飲み込んだら吐き出させる――とはいうものの、どうやって吐かせたらいいのでしょうか?

○塩を使う

濃い塩水を飲ませて……という記述が多いですが、濃度をどの程度にすればいいのかわかりにくいかもしれません。簡単な方法としては、塩を直接犬の口の中に入れるとよいでしょう。小型犬ならティースプーン1~2杯程度、中型犬なら3~4杯程度、大型犬なら5~6杯程度が目安となります。

自発的になめてはくれませんので、強引にのどの奥へ押し込みます。スプーンを口に入れにくい場合は、紙をくるくるとまるめて口の奥に差し込み、そこに塩を流し込みます。すると犬は自分から水をガブガブと飲み、数分後には嘔吐が始まりますので異物が吐き出されたかしっかり確認しましょう。

塩分が体に害をおよぼすこともありますので、吐き出した後は必ず動物病院で診察してもらってください。

○オキシドールを使う

消毒などに使うオキシドールが手元にある場合は、塩より安全性が高いこちらを使ったほうがよいかもしれません。目安としては体重1kgにつき1ccとなりますから、小型犬は小さじ1~2杯程度、中型犬は大さじ1杯程度、大型犬は大さじ2~3杯程度を飲ませます。

オキシドールを飲ませると胃酸と反応して酸素の泡が発生し、胃を刺激して嘔吐が始まります。異物が吐き出されたかしっかりと確認してください。

犬の誤飲には落ち着いて対処を

犬が家族の一員となった今、家の中のいたるところに犬がいる生活が当たり前になりました。しかし、人間の生活環境には犬にとって危険なものであふれているのです。

もしも愛犬が異物を飲みこんでしまったら、とにかくまずは気持ちを落ち着けて「いつ」「何を」「どの程度」飲み込んだのかをしっかり把握することが大切です。