猫か?水を嫌か?るのはなせ?

水に濡れた猫の姿を見たことはあるでしょうか。いつものふわふわした被毛がべったりと潰れて、細身のシルエットが丸見えになりなんとも弱々しく見えます。

その表情も恐怖におののき、情けなさに拍車をかけています。いつものキリッとした顔つきとのギャップから「まるでうちの猫じゃないみたい」と驚く方もいるでしょう。

なぜ猫は水を嫌がるのでしょうか。

砂漠の気候が関係している?

現在、世界中で大人気の猫は生物学の分類上ではイエネコと呼ばれます。

イエネコというのは人間の生活圏で人と共生することで生き抜いてきた猫のグループです。そのため少し違和感がありますが、人間と暮らしていれば外飼いでもイエネコになります。

このイエネコのルーツはアフリカのリビアヤマネコと考えられています。リビアヤマネコは乾燥した砂漠などの地域で生活しているため水浴びをする習慣がありません。

そのため猫は水を嫌うのではないかと考えられます。

また、砂漠では昼夜の寒暖差が激しく、うっかり濡れたまま夜が来てしまうと体温を奪われ命の危険にさらされます。

確かにシャンプーを命がけで拒む猫の姿を見ると、思わず納得させられます。

水に濡れることが想定されていない

猫の被毛は猫毛といわれるように細くサラサラそして密に生えています。油分が少ないため水を弾かず、また密集しているので一度濡れると乾かすのに時間がかかります。

自慢のコートがベタっと濡れてしまうのは猫にとってかなり不快に感じるでしょう。

猫は体の感覚に敏感で、汚れだけでなく洋服を着せられることも嫌がることが多いです。動物病院では包帯を巻くこともありますが、犬に比べると猫は自分で取ってしまうので巻くのがとても難しいです。

濡れた後の猫が念入りに毛づくろいをしている姿を見ると、水に濡れることで自分の体の感覚が狂うことを嫌がっているように思えます。

水が好きな猫もいるのはなぜなの?

一方で、水に濡れることを厭わない猫がいるのも事実です。動画サイトでは猫が気持ちよさそうに湯船に浸かっている姿がたくさんアップされています。

同じ猫なのになぜ彼らは水を恐れないのでしょうか。

水辺に住んでいたルーツを持つ猫は水を恐れないことがあります。

の代表的な例がターキッシュ・バンというトルコのヴァン湖の周辺で見つかった猫種です。

この猫はヴァン湖で水泳をしている姿を目撃され水を好む猫として一躍有名になりました。ただし、全てのターキッシュ・バンが泳ぐ事ができるわけではないので、無理に水に入れてはいけません。

もう1つの理由としては、小さい頃に水に慣れた可能性があります。

ここでいう「小さい頃」とは社会化期を示します。社会化期とは生後間もない仔猫が兄弟や人間と遊んだり、ジャンプをしておもちゃを追いかけたりといろいろな刺激を受け多くのことを学習する時期です。

この時の経験が性格を形成するのに強く影響するためとても大事な時期です。

猫の社会化期は生後3週から8週です。この時期に水に慣れると大人になっても水を恐れない猫に成長する可能性があります。

ただし、無理にトレーニングをさせると怖い思いをした記憶が残り、人を嫌いになることがあるのでやめましょう。

まとめ

ほとんどの猫が水を嫌うのは、長年乾燥した地域に住んでいたためであるという説が有力です。

ネコ科でも密林のトラは水浴びを好み、獲物をとるために水中に潜ることがあります。すべてのネコ科動物が水を嫌うわけではないようです。

一方で、中には自ら進んで湯船に浸かる変わった猫もいます。

そういった猫たちは祖先に水辺に住んでいたルーツがあるか、小さい頃に水に慣れていた可能性があります。

イエネコの生活環境はここ50年で大きく変わりました。かつてはネズミ取りとして活躍を期待され人間と共生することに成功したイエネコは今では家族の一員として迎えられています。

そのためネズミを恐れる、高いところへ登れないといった猫らしくない猫もいます。
今後水を好む猫がもっと増えても不思議ではないでしょう。