災害対策_s

災害は、いつ誰の身に降りかかるかわかりません。
だからこそ、愛犬を連れて避難した先で困ることがないように、日頃から準備をしておきたいものです。

では、非常時の備えとして、愛犬のために何を用意しておけばいいのでしょうか?

愛犬と一緒に避難する際、必ず必要なもの

1.ドッグフード(5~7日分)

できるだけ食べなれたドッグフードを用意しておきましょう。
特に療法食を食べている犬や特定の食材にアレルギーがある犬の場合は、多めの日数分を用意しておかないと、同じものがなかなか手に入らないかもしれません。

2.くすり

持病がある犬の場合は、薬と一緒に「疾患名」「かかりつけの動物病院と連絡先」「1日における投薬の回数と量」を記載したメモを入れておきましょう。
また、病気のない犬でも災害時はストレスによって体調を崩すことがあります。そのため、常備薬として犬用の下痢止めを入れておくと安心です。

3.首輪(カラー)、散歩ひも(リード)、迷子札

普段使用している首輪とリードを使う場合は、鑑札とは別に後述する迷子札を用意しておいたほうが安全です。
非常時用の首輪を入れておく場合は、あらかじめ迷子札をつけておきましょう。

<迷子札に記載しておく事項>

・犬の名前
・飼い主の氏名
・飼い主の連絡先
・持病がある場合は疾患名とかかりつけ動物病院の連絡先

4.ケージ、キャリー、バリケンなど

小型犬の場合は、なんらかの拍子に迷子になることを避けるためにも、キャリーやバリケンに入れて避難したほうが安全です。
中・大型犬の場合、ケージやバリケンに入れて避難することは難しいかもしれません。
しかし、避難所や他所宅に滞在することを考えると、ケージやバリケンはやはり必要です。
折り畳み式のケージは思いのほかコンパクトにまとまるので、車に積んでおくといざというときに便利です。

5.トイレ用品

どこへ避難するにしても、トイレ用品は絶対に必要です。

・ペットシーツ
・ウンチを処理するための袋
・オシッコなどの汚れを拭き取るためのタオル

避難先であると便利なもの

上記の必需品のほかに、持ち出す余裕がある場合は、以下のものがあると便利です。

・口輪

咬み癖がある犬の場合は必需品に入りますが、そうでない犬の場合もあると便利です。
避難所には犬が苦手な人もいるため、物理的に「咬めません」と示すことができるからです。

・犬用の食器

携帯用の食器が一つあれば、ドッグフードと水の両方に使うことができるため便利です。

・犬用の靴、または靴下

災害時には瓦礫(がれき)やガラス片が散乱している場所を歩かなければいけないこともあります。
抱き上げることが難しいサイズの犬の場合は、足を保護するために用意しておくと安心です。
また、避難所で生活する場合には「床を汚さないように気をつけている」と周囲に示す意味でも、有効に使えるアイテムです。

愛犬専用の非常用持出袋をつくろう

非常時に必要なものは、愛犬専用の非常用持出袋にまとめておくと便利です。
袋には「愛犬の名前」「飼い主の氏名」「飼い主の連絡先」「疾患名」「かかりつけの動物病院と連絡先」などを記載しておきましょう。

災害用に水を備蓄している場合は、その横に置いておけばいざというときに忘れずに持ち出すことができます。

備えあれば憂いなし――とは、まさしくそのとおりですね!