犬の安産_s

古来より、犬は安産の象徴とされてきました。
しかし、現代の犬は意外なほど安産ではありません。難産や帝王切開になることも多いのです。

日本犬には安産が多い

なぜ、犬は安産という感覚が日本人は強いのでしょうか。
それは、日本犬の多くが安産になりやすいからです。

日本犬はその大半が中型犬。柴犬といえども西洋犬種の小型犬ほど小さくありません。
また、頭部の大きさもバランスが良く、難産になる要素が少ないのです。
加えて、胎児の数が比較的多いので、1匹のサイズは小さくおさまることに。
つまり、出産の際には細すぎない産道を大きすぎない胎児がとおることになり、結果として安産につながっているのです。

室内犬に難産が多い理由

ところが、現在飼育されている犬の多くは小型犬です。
しかもより小さくなるよう繁殖が繰り返され、比例して母犬の産道はどんどん狭まることに。
にもかかわらず1回の妊娠による胎児の数が減っているため、胎児1匹のサイズが大きくなりやすいのです。
その結果、細い産道をスムーズに通ることが難しいサイズの子犬を生まなければいけなくなりました。

人気犬種ほど難産になりやすい

難産や帝王切開になりやすい犬種としては、

  • チワワ
  • ダックスフンド
  • マルチーズ
  • ヨーキー
  • ポメラニアン
  • トイプードル

などが挙げられます。
いずれも人気ランキングでは上位に入る犬種ばかりで、より小さくするブリーディングが繰り返されてきた結果ではないでしょうか。
ダックスフンドは胎児の数が比較的多くなりやすいのですが、それでも難産の危険性が高いのは、
小さすぎる母犬の体力がもたず、最後まで自力で産み落とすことが難しくなることがあるからです。

帝王切開になりやすい犬種

体型的に自然分娩がかなり難しく、出産前から帝王切開について考えなければいけない犬種もいます。

  • ブルドッグ
  • フレンチブルドッグ
  • ボストンテリア
  • パグ
  • ペキニーズ

これらの短頭犬種は体の大きさに比べて頭のサイズが大きいため、胎児は産道をスムーズに通り抜けることができません。
特にブルドッグやフレンチブルドッグの出産は、ほとんどの場合が帝王切開になると考えたほうがよいでしょう。

不測の事態への備え

小型犬や短頭犬種に限らず、愛犬の出産を望むなら事前の準備が欠かせません。
交配の前にかかりつけの獣医師に相談し、骨盤の広さや外陰部など、母犬の体が出産に適しているか判断してもらいましょう。
そして自宅出産が可能でも、なにか不測の事態が起きた場合に備え、獣医師に連絡がとれる体制を整えておくことが大切です。

  • 陣痛が弱くて母犬が息もうとしない
  • 産道に胎児が詰まる
  • 胎児の死亡

こういった事態は起こりうることですが、獣医師の助産があれば自然分娩できるかもしれません。
また、自然分娩が難しいと判断された場合でも、帝王切開までの時間が短かければ短いほど、母子ともに助かる確率は高くなるのです。

出産には万全の体制を

出産は、一つ間違えば胎児はおろか母犬まで失うことになりかねない命がけの行為です。
万全の体制を整えたうえで臨むことが、なによりも大切なのではないでしょうか。