猫のタ?イエット

以前のコラムでは、愛猫の肥満度チェックについて解説しました。
残念ながら、肥満と判断されてしまった猫ちゃんはダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。
しかし、猫のダイエットといっても何をすれば良いでしょうか。
そもそも猫の必要カロリーってどのくらい?どんなフードがいいの?
など猫のダイエットでつまずくポイントについて1つずつ解説していきます。

ポイント1 ダイエットのモチベーションを上げる

猫のダイエットといっても実際に行うのは飼い主さんです。
猫との我慢比べに負けないよう、ダイエットのモチベーションをあげましょう。
猫のダイエットの1番のモチベーションは健康です。
「愛猫に健康で長生きをしてほしい」というのは全ての飼い主さんの願いです。
やはり肥満は猫の健康にも悪影響を与えることがわかっています。
具体的に以下の病気が挙げられます。

糖尿病:猫は犬よりも糖尿病になりやすく、肥満の猫で特に多いです。
糖尿病になってしまうと毎日のインスリン注射、定期的な通院が必要になってしまいます。
また、猫の糖尿病は血糖値の管理が難しいことがあり、命にかかわることもあります。

皮膚病:少し意外ですが、肥満になると皮膚病が増えます。
これは肥満により、自分で毛づくろいができなくなることに関係しています。
重度肥満の猫は自分のお尻が届かず、お尻の周りが不潔になってしまいます。

便秘:肥満で活動性が低下すると、便秘になりがちです。
自力排便が不可能になると手術、または定期的な来院が必要になります。

膀胱炎:猫の下部尿路疾患(FLUTD)と呼ばれる、尿路結石、特発性膀胱炎、尿路感染症のリスクが上がります。

口の病気:ある研究では肥満は猫の口の病気とも関連性があることがわかりました。
歯周病になってしまうと食べると時に痛み、猫の生活の質を低下させます。

皮膚病や口の病気は直接命に関わることは少ないですが、猫の生活の質を著しく低下させます。
他の病気も猫で多い病気ばかりですね。理想体型を維持することで、これらの病気をできる限り予防しましょう。

ポイント2 目標体重を設定する

やはり、ゴールがないとダイエットは頑張れません。
目標体重を設定するには現在どのくらい肥満なのか、把握しなくてはいけません。
こちらを参考にしてください。

ポイント3 1日カロリー摂取量とフード量の計算

キャットフードは栄養バランスが取れているため、量さえコントロールすれば理論的には痩せるはずです。
ダイエット時の1日カロリー摂取量は理想体重?35~40kcalです。
注意点としては現在の体重ではなく、理想体重を元に計算することです。

例:現在7kgの猫でボディコンディションスコア(BCS)が4だった。
BCS4は理想体重の115%なので以下の計算になります。

7kg?1.15?40kcal=243kcal

さらに、これをフードの量に変換します。
フード100gあたりのカロリーはパッケージの裏に記載されていますので確認しましょう。

例:この猫が食べているドライフードが100gあたり、350kcalだった場合のフード量は以下の計算になります。

243kcal?350kcal?100=69.4g

1日69.4gだと、2回に分けて与えるとすると、1回35gになります。
実際にお皿にこの量を出すとわかりますが、結構少なく感じます。
あまり急激にフードの量を減らすと、猫も我慢ができませんので徐々に減らしましょう。

例えば、現在1日100g食べていた、という場合、まず1週間1日90g、その次の週に1日85gと猫に気がつかれないように減らしていくと良いでしょう。

ポイント4 運動量アップ

犬のダイエットには散歩による運動量アップが効果的ですが、基本的に猫は散歩に行きません。そのため、運動量をアップさせるには、

(1)遊ぶ時間を増やす

(2)運動量が増えるような環境作りをする

の2つが鍵になります。運動することはカロリーを消費するだけでなく、筋肉量が増え基礎代謝も上がります。

1.遊ぶ時間を増やす

もしあなたの愛猫がまだ若ければ、ひも付きのおもちゃを目のまえで動かすことで、運動を促すことができるでしょう。
1日5分でも良いので、ジャンプやダッシュをしてカロリーを消費しましょう

ある程度歳をとっている猫はなかなかおもちゃで釣ってもリアクションがありません。
その場合は、エッグササイザーという道具が良いでしょう。
これはボールに小さい穴が空いていて、転がすと中に入れたドライフードが少しずつこぼれ出てきます。
そのため、フードを食べるには運動する必要があります。また早食い防止にも効果的です。

1

(エッグササイザー FUNKITTY?)

2.運動量が増えるような環境作り

猫は高いところを移動するのが好きな動物なので、ジャンプで猫が移動できる工夫をしましょう。
もっとも簡単な方法はキャットタワーです。様々なタイプのキャットタワーがありますが、突っ張り式になっているものが安定するのでオススメです。
キャットタワーを置くのが難しければ、家具の高さを段々にすることで自然と猫の通り道が出来ます(下図)。

2

ポイント5 フードの種類

いくつかダイエット用のフードが販売されています。これらは低脂肪で、食物繊維が豊富に含まれており、基本的にグラムあたりのカロリーが低くなっています。
例えばロイヤルカナンの満腹感サポートは可溶性繊維が含まれており、水に溶けると容積が増え、少ない量でも満腹感を感じられるように工夫されています。

また、もし愛猫がウェットフードを食べるのであれば、ウェットの方が量が多いので食べ応えがあり、オススメです。
ただし、当然ですが、ダイエットフードでも食べ過ぎると痩せるどころか太ってしまいますので気をつけてください。

ポイント6 減量のペース配分

週に1~2%の体重減少が望ましいと考えられています。つまり5kgであれば週に50~100g減という計算になります。
そのため、毎週必ず体重を測定することが必要です。また体重計も細かいグラム単位まで測れるものが良いでしょう。
人間の赤ちゃん用のベビースケールが安価でオススメです。

3

(デジタルベビースケール TANITA?)

体重がそれ以上のペースで減ってしまうと、体に良くありません。
特に肥満の猫が極端なダイエットをすると脂肪肝になる危険性があるといわれています。
急激に減った場合は少しフードを増やしましょう。
また、上記のカロリー計算の量で与えていても体重が減らないことがあります。
やはり個体差がありますので、その場合はさらに5%ほどフードの量を減らして調整しましょう。

ポイント7 多頭飼育の場合

多頭飼育の場合、どの猫がどのくらい食べているか把握するのが難しくなります。
また肥満の猫というのはよく食べますので、他の猫の分も食べてしまうと、これは全く痩せません。時間で区切るか、空間で区切って別々にご飯をあげる必要があります。

4

(Microchip Pet Feeder SureFeed)

ただし、時間や空間で食事を別々に区切るのは想像以上に手間がかかるものです。
最近ではマイクロチップで個体認識して、特定の猫が近づいた時だけフタが開くペットフィーダーが発売されています。
うまく使えば多頭飼育のダイエットの切り札になるでしょう。

まとめ

私は、猫のダイエットは自分がダイエットをするのより難しいかもしれないと思っています。
飯を減らすとずっと鳴いていたり、他の家族が隠れておやつをあげていたりと、猫に根負けすると失敗に終わってしまいます。
肥満がもつ、健康に対する悪影響を認識し、こまめに体重を測定することが成功へのコツだと思います。
愛猫の健康と長生きのために頑張ってみてはいかがでしょうか。