new_cat-504549_1280

猫はトイレに対して強いこだわりをもっています。トイレの外で用を足してしまったり、頻繁に膀胱炎になってしまう猫は、トイレが原因かもしれません。今回は猫の理想のトイレに関する重要なチェックポイントを8個にまとめました。

1.常に綺麗にする

基本的なことですが、トイレを清潔に保つのはとても大事です。やはり私達も出先のトイレが汚いと、我慢してしまいますよね。トイレを我慢するのは膀胱に対して良くありません。少なくとも1日2回トイレ掃除をしましょう。お仕事で遅くなることが多い方は、トイレを複数用意することで、猫が綺麗な方のトイレを選ぶことができます。
また忘れがちですが、定期的に砂の全交換を行いましょう。1ヶ月に1度が目安になります。猫は自分の匂いが完全に消えると不安になってしまうので、全交換の時は少しだけ古い砂を混ぜておくと良いでしょう。

2.トイレの場所

基本的には静かで、人通りが少ない場所が望ましいです。洗濯機の近くや、廊下などは避けましょう。
猫が1日で最も長く過ごす場所をコアエリア(Core Area)と呼びます。室内飼育の猫は1日の75%をコアエリアで過ごしますので、その近くには必ず1つはトイレを設置しましょう。
また、他の猫と仲が悪い場合、嫌いな猫がトイレへのルート上にいると、やはりトイレに行くのを我慢してしまいます。複数のルートでトイレへアクセスできるようにしましょう。

3.トイレの数

理想的なトイレの数は「猫の数+1個」と考えられています。例えば2匹飼いの猫では3つになります。猫の頭数が10匹以上など、超多頭飼育の場合は猫のグループごとにトイレを用意しましょう。

4.トイレのサイズ

猫の全長の1.5倍が望ましいとされています。残念ながら市販のトイレはこの基準を満たしていません。特に大柄の猫が狭そうにしている場合は、大きなプラスチックの箱(衣装ケースの引き出しなど)で代用すると良いでしょう。トイレの縁に腰かけてトイレをしている猫がいますが、それはトイレが小さく窮屈に感じている可能性があります。大きいトイレに替えてあげましょう。

5.トイレのタイプ

様々なタイプのトイレが発売されています。基本的には屋根なしで、入りやすいものが良いと考えられています。歳をとると、トイレの縁を乗り越えるのが負担になることがありますので、高齢の猫には浅いトイレを用意しましょう。
屋根ありのものは砂が飛び散らず便利ですが、臭いがこもりやすいとされています。ただし、清潔に管理していれば屋根ありと屋根なしのトイレを比較したところ、猫はどちらも平等に使用したという研究報告があります。

6.猫砂

猫の好みがでやすい項目です。基本的には粒が細かい、臭いがない、固まりやすい砂が好まれます。砂の種類は大きく分けて3種類①鉱物系②植物由来③シリカゲルです。ある研究では鉱物系の砂が最も猫に人気であったと報告されています。それぞれの特徴を表で示します。

猫の理想のトイレ比較表

7.臭い

匂いつきの砂や、トイレの近くに芳香剤を置くことは、猫にとっては嬉しくないかもしれません。良い匂いの基準は人と猫で大きく違います。特に猫は柑橘系の匂いが嫌いですので、トイレを洗う時などにも柑橘系の洗剤は使わない方が良いでしょう。

8.トイレでのトラウマ

トイレ中の落雷音や、病気による排便時の痛みなど、トイレで嫌な思いをすると、そのトイレを避けるようになります。そうした場合はトイレ本体、またはトイレの場所を変えるなどして、一度思い出をリセットさせると良いでしょう。

まとめ

猫のトイレは奥が深く、細かいチェックポイントを挙げるときりがありません。今回は大事な8個のポイントを解説しました。トイレ以外での排泄や、猫の膀胱炎などは非常に再発率が高い病気です。猫にとってトイレが大事なものであることを理解し、トイレ環境を良くすることが病気の予防になります。