ペットワンダーランド Webでリプレイ 2016.8.21.OnAir

ゲスト
成城 犬と子犬のしつけ方教室 Can ! Do ! Pet Dog School代表

JAHA認定 家庭犬しつけインストラクター

西川文二さん

ナビゲーター
成城こばやし動物病院 小林元郎(もすけ先生)
どうぶつ大好き声優 武田佳子(よしりん)

先週に引き続き、家庭犬しつけインストラクターの西川文二さんをゲストにお迎えしました。今回は西川さんが7月に出版されたエッセイ本の話から始まりました。実はよしりんは、この本に登場する西川さんの愛犬“プー”と一緒に仕事をした経験があり、プーのけなげなエピソードによしりんもウルウルしながら番組が進みます。

(よしりん:以下「よ」)西川先生は、10冊目の著書をお出しになったんですよね。「いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間」という本で、この7月に出版されたんですよね。

(もすけ先生:以下「も」)この本は、いままでの西川先生の本とは雰囲気が違いますね。

(西川さん:以下「西」)これまでのは犬のしつけ方といった、実用書っぽいものから理論書など、犬の躾に特化した本でしたが、今回はエッセイです。

(も)僕、この本読んでしつけ教室行こうと思った。先生のお人柄や、なんでこの仕事やられているかも分かって、すごく良かったですね。

(よ)私は、この本に出てくるプーと一緒にお仕事してますから。FM世田谷のペット番組がスタートした頃に、スタジオに遊びに来てくれて、おとなしくて足の長いカッコ良いわんちゃんでした。あの頃のことを思い出しちゃって、じーんとしちゃった。
ところで、この本を出すきっかけは、何だったんでしょう?

(西)以前、雑誌の週刊ポストに3年間ほど連載していました。中身はエッセイというか、雑学ですね。面白おかしく書いていたので、それを気に入った若い編集者がいて、一緒にやってくれないかとオファーがきました。
それで、どんな本にしようかと編集者といろいろ話しているうちに、「泣けるような話」を書いてくれないか、ということになりました。

(よ)なるほど。

(西)飼い主さんの感動話はどうかとか、いろいろ検討をしたあげく、僕が犬を飼っていて思い出がたくさんあるよって言ったら、それで行きましょうと、そこからスタートしたわけです。

(よ)本の内容は、プーとの出会い、病気、思い出、成長の日々、若返ったプーとか、さよならプーとか・・・
この中で、西川先生の印象に残っていることは何ですか?

(西)やっぱり病気ですね。JAHAで、しつけインストラクターをめざしているとき、プーを育てながらテストに合格しないとカリキュラムをこなせていけない、ということがあって。テストを受けたのですが最初は落ちた。原因はプーが若すぎるからだったんですね。まだ6か月くらいだった。ほかを見ると3歳、4歳で受けて、それでようやく合格できるようなテストでした。
そして2回目を受けて3回目にトライする間に、プーが病気になっちゃった。どうしようか、いろんな思いがありながら結局、プーと一緒に合格できた。それはやっぱり思い出深いですね。
一時はダメだと思った。ダメっていうのはテストのことじゃなくて、プーがダメだと思ったんです。

(も)プーの病気は慢性的な病気だったからね。

(西)アジソン病(副腎皮質機能低下症)という病気で、プーがその病気になったとき、一部では犬がその病気になることが知られ始めていたけど、私がかかっていた獣医さんはその病気をすぐには思い付かなかった。
血液検査すると腎臓の値が悪いということで、検査して、腎臓を良くしていくんだけれども、腎臓の値は良くなるけど電解質バランスが悪い、それでいろいろ調べるとアジソン病っていうのに行き着く・・・。

(も)そのくだり、臨場感がありますよね。

(よ)私もペット飼ってるけど、ペットとの向き合い方というのをあらためて見直して、私も先生みたいに向き合っていきたいなと思いました。もう、泣きそう・・・

(も)プーも病気を抱えながら先生と一緒にテストをクリアしていったわけでしょ。本当のパートナーだよね。

(西)でも当時は叱ったり、昔のやり方を引きずっていたわけですよ。アイツには悪いことをしたなと思ってます。

(も)動物を飼うというのはそういう反省とか後悔の上に、未来があるんですよ。

(西)そこに気付くかどうか。人間の方が無知だったりするから、気付かないままで終わっちゃったら、そのままですから。

(よ)犬を知らない人でも心が動かされる、犬が好きになる一冊ですね。この本は。

(も)飼ってみて、こういうことやってみようと思いましたよ、僕も実際。

(よ)あと、しつけインストラクターをめざしている方も、エッセンスがいっぱい詰まっていますよね。

(西)この仕事がどういう仕事か、よく分かると思います。

(よ)西川先生はそのほかにもたくさん本を出しているんですよね。

(西)愛犬と話ができるようになる本とか、ほとほと手を焼いている犬の問題行動を直す本とか。あとCDもありますのでよろしく(笑)。

(よ)今後のスケジュールですが、9月に大きなフォーラムに出演されるんですよね?

(西)第18回日本臨床獣医学フォーラムの東京大会に参加させていただきます。

(よ)フォーラムは9月23日(金)から25日(日)までですが、先生がご出演されるのは24日ですね。これは一般の方も参加できるんですよね。そういえばもすけ先生もお出になるんですよね。

(も)その会場の、西川先生とは別の場にいます。

(よ)西川先生、最後にメッセージをお願いします。

(西)最近分かってきたこととして、幸せホルモンのことがあります。飼い主のことをよく見ている犬と接している飼い主の中に、幸せホルモンというのが増えることが分かっています。そして犬も実は幸せホルモンが増えているんです。犬って、いかに皆さんのことを見ているか。
いま犬を飼っていらっしゃる方は、ご自分の犬が自分のことを見ているかどうかチェックしてみてください。実はそんなに見ていなかったりするんですよ。
ということは、適切なトレーニングをしてご自分の犬とアイコンタクトできるようになれば、幸せホルモンがもっと出て、もっと幸せになれる。いま犬と一緒にいて幸せを感じていても、その10倍、100倍、1000倍も幸せになれる。私からするともったいないですよ。1000くらい幸せになれるのに、みなさん10くらいで満足しているかもしれないわけですからね。

関連情報
■犬・子犬のしつけ方教室 Can ! Do ! Pet Dog School
http://www.cando4115.com

■いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間
https://www.amazon.co.jp/いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間-西川-文二-家庭犬しつけインストラクター/dp/4866250615

放送案内
■ペットワンダーランド
毎週日曜日 12:30~13:00放送
エフエム世田谷(83.4MHz)
番組Facebookページ
https://www.facebook.com/922269501224858/

「イヌモネコモ」の関連ページ
http://inumo-nekomo.jp/news/エフエム世田谷の新番組「ペットワンダーランド」

■成城こばやし動物病院
http://feegoo.jp