「乳腺腫瘍」とは?

乳腺に発生する腫瘍の事で、良性と悪性に分けられます。

乳腺の良性腫瘍として多くみられるのは乳腺繊維腺腫と乳管内乳頭腫で、悪性腫瘍の大部分は乳癌(がん)です。

乳腺腫瘍は人でも良く知られた病気で、身体の表面に発生するため、発見しやすいという特徴があります。

ねこちゃんにも「乳腺腫瘍」になる可能性は大きくあります。最近、当院でも増えてきています。

「乳腺腫瘍」は「悪性」の場合が多いです。それには理由があります。

人間と異なり、痛がるなどの自覚症状がほとんどない為に、飼い主さんが早く発見してあげることが出来ず気がついた時には、全身転移をしているケースも少なくない為、注意してあげて欲しい病気の1つです。

今回は、ねこちゃんの「乳腺腫瘍」についてお話をしたいと思います。

ねこちゃんの「乳腺腫瘍」の原因は不明だと言われています。

さらに診断された、約80%が悪性の乳癌であるということが一番恐ろしい事だと思います。

よって、飼い主さんによる「早期発見」が必要なのです。

見の目安としては」「乳腺」に少しでも、小さなしこりを見つけたら病院に連れてきて欲しいと言う事です。

毎日、愛猫とスキンシップをしている飼い主さんであれば、比較的簡単に見つけることができる腫瘍のひとつなんです。

乳腺腫瘍を見つける前にまず、正常なおっぱいをよく確認しておく事が大切なのでご説明しましょう。

ペットの乳首は、胸の前の方から後ろ足の根付け近くにかけて存在しています。

通常左右に4から5個ずつ、計8から10個存在します。

中には左右がきれいに並んでいない場合もありますし、7個や9個といった奇数個しかない場合もありますので驚かずに冷静の対処して欲しいです。

大体の場合には、乳首周辺の皮膚の下にお乳を作り出す乳腺組織が網目のように広がっています。この乳腺が腫瘍化したものが「乳腺腫瘍」です。

通常、皮膚の下の硬くて丸いしこりとして気がつきます。

数個のしこりを感じる事もあるので、しこりを感じたら、病院を受診していただく事をお勧めします。

「乳腺腫瘍」は女性ホルモンと関係のある腫瘍と言われています。

「乳腺腫瘍」になるねこちゃんのほとんどは避妊手術をしていない女の子が多いのも事実です。

予防として避妊手術をするという考え方もあります。

初めての発情を迎える前に避妊手術(卵巣摘出手術)を行うと、発情を数回過ごした後で避妊手術をした子と比べて数十倍も年を取ってからの「乳腺腫瘍」の発生を抑えることができるようにも感じます。

ただ、100%この病気にかからないとも限りません。体質的な事や、様々な事があります。

万が一、完治させることのできない「悪性腫瘍」が愛猫に見つかってしまったらどうすればいいのでしょうか?

それは、愛猫がなるべく痛みを感じることなく、毎日を過ごしやすくするためにはどうしたらいいのかをまず家族全員でよく話し合うことが一番大切なのではないかと思います。

この病気は本当に進行が早いので、精一杯の事をしてあげて欲しいです。

愛猫が穏やかな気持ちで過ごすことのできる環境作りと、体力を維持するために必要な栄養摂取に心を配るようにし、もし痛みで食欲が落ちてしまうようなときには、免疫力を増強させ食欲を出すためのサプリメントや病院での食事など、獣医師と相談し最良の方法を選択してあげましょう。

どんな事があっても、飼い主さんには最後まで大切に看てあげて欲しいと願っています。