歯磨きが上手くできなくても大丈夫

歯磨きをしましょう、歯を磨くのが歯周病予防にとって需要なことです、歯周病は怖い病気です、とさんざんお伝えしてきましたが、私が家で自分の愛犬に完璧な歯磨きを出来ているかといえば、実は答えは「ノー」です。

 

ミニチュアダックスと暮らしていますが、なかなかに嫌がるため、完璧な歯磨きが出来ているとは言えません。

徐々にさぼったリングが見えてきて、歯肉に赤みが出てきて、まずいなと思って頑張っても、だんだん口臭が気になってくる・・・

そうしたら、私は病院で麻酔をかけてのスケーリングをしています。

うちの子には、1~2年に1回のペースでしています。

歯周病の発症には非常に個体差があります。

これは、歯周病の原因が単純に細菌感染というだけでなく、唾液の量や性質、口腔内の免疫状態、食べ物、生活習慣、歯磨きへの協力の度合い等、色々なことが複合して起こってくる病気だからです。

 

ですから、「歯磨きが出来ないなんて、だめな私」と自分を責めなくても大丈夫!

病院でのスケーリングという方法があります。

「スケーリング」は、歯の表面に付着した歯垢や歯石を取り除いてキレイにすることです。

おうちで完璧にケアをするのは難しいので、定期的に病院でのスケーリングをお勧めします。

自宅では、出来る範囲で頑張って、あとはプロにお任せするのもいいでしょう。

その子その子に合ったオーラルケアのプランを考えてあげる事が大切な事です。

 

麻酔によるスケーリングをお勧めする理由

スケーリングには、全身麻酔がともないます。

どうなってしまうのか心配に思われる飼い主様も多いのではないでしょうか。

 

全身麻酔を行う時には、もちろん事前に検査をして麻酔をかけていい状態なのか、かける時にはどのような事に注意が必要なのかを必ず確かめます。

麻酔中は、心拍はもちろん呼吸・血圧などもしっかりモニターし、無理に寝かせた分を私たち獣医療スタッフがサポートします。

 

「なぜそんなに麻酔をすすめるのか?無麻酔で歯石を取ってくれるという話を聞いたことがあるのですが?」というご質問も頂きます。

その理由はただひとつ、「歯周ポケット内をキレイに掃除するため」です。

 

歯の表面に見える歯石は、歯周病の直接の原因ではありません。重要なのは、見えていない、歯周ポケット内の歯石であり歯垢なのです。

歯科処置の経過の写真をご覧ください。

このような作業中、わんちゃんが麻酔なしにじっと我慢してくれるでしょうか。

私の経験からは、絶対に無理です。

 

そのため、全身麻酔した上での処置が必要なのです。

見える範囲の歯石だけを定期的に取れば、外から見た様子はキレイに保てますが、歯茎の下で重度の歯周病が進行していることに気が付かない!という落とし穴にはまります。

その点でも、無麻酔での処置はお勧めしません。

 

スケーリング症例~こんなにキレイになりました

左がスケーリング前、右がスケーリング後です。

一度の処置で、こんなにキレイになるんです!

歯を抜いてしまっても大丈夫?

「歯を抜いてしまって大丈夫でしょうか?」わんちゃんねこちゃんの歯に関して多いご質問の1つです。

答えは、「イエス」です。お口の健康のためには、抜いてしまった方がいいです。

 

人間は、よく咀嚼して味わい食べるという性質があります。

そのため、1本歯が無くなることは、両隣や上下の歯に影響を及ぼし、かみ合わせが悪くなったり歯が倒れてしまったりということがあります。

また、歯の場所によっては、発声がうまくいかなくなる場合もあります。

 

しかし、わんちゃんねこちゃんではそのようなことは無縁です。

なぜなら、もともと良く噛むような構造に、歯も顎もなっていないからです。

わんちゃんもねこちゃんも、よく見ると上下の顎運動は強靭ですが、左右にはほとんど動きません。つまり、磨り潰すという口の運動は全くの想定外・必要のない動きなのです。

そのため、ほとんどの子は、歯がそろっていてもほぼ丸呑み、せいぜいドライフードを半分に割るくらいにしか歯を使っていません。

よって、歯が一旦悪くなってしまったら、残しておくよりも抜いてしまう方が、口腔衛生や全身の健康のためにはメリットがあるのです。

そしてオーラルケアを継続して、口腔内の衛生状態をよくし、歯を抜く必要のない状態に維持できるのがベストです。

 

オーラルケアを忘れず、これからも「いい歯」で

オーラルケアは大切です、歯を磨きましょう!というお話しは、病院でも雑誌でもよく見かけるようになりました。

でも、何故必要なの?どのようにしたらいいの?出来なかったらどうするの?という事を、まとめてお伝えできるような場はあまりないように思っていたので、出来るだけ系統だててお伝えしたいと思い、お送りしてきました。

 

ちょっと大げさな例えかもしれませんが、愛の反対は無関心だと言われています。

完璧なオーラルケアがお家で出来なかったとしても、関心を持っていただければ、きっと何か良い結果が生まれてくるはずです。

11/8の「いい歯の日」に向けて、5回にわけてお話ししてきましたが、今後もわんちゃんねこちゃんのオーラルケア、ひいては健康増進を支えていきましょう。

そのお手伝いが出来るよう、獣医師も日々研鑽を重ねてまいります。

 

参考

成城こばやし動物病院       http://feegoo.jp/

レッツ118(いい歯)プロジェクト http://feegoo.jp/118project/index.html