寒くなりつつあるこの時期に、わんちゃんに気をつけて欲しい病気があります。

201612191125_1-300x0.png

それは、「椎間板ヘルニア」です。

人間でも腰が辛くて大変な病気で知られていますが、わんちゃんにも「椎間板ヘルニア」はあります。

特に、冬にはかかりやすいとも言われています。

今回は、わんちゃんの「椎間板ヘルニア」についてお話をしていきたいと思います。

201612191125_2-300x0.png

通常は椎間板が背骨の骨と骨の間にあり、骨同士がぶつからないようにする為に柔らかいクッションの役目を果たしています。

その椎間板が飛び出す事で、神経を圧迫する事により、何らかの違和感を感じて来る事を「椎間板ヘルニア」と言います。

201612191125_3-300x0.png

最初は、痛みを感じると思います。

それがだんだんと痛みと運動障害。悪化すると、完全に動かなくなる事もあります。

さらには、下半身が麻痺することもあります。そうなると大変です。

では何故「椎間板ヘルニア」になるのでしょうか?

201612191125_4-300x0.png

よく言われている原因としては、肥満、犬の体型、老化、犬種などがあげられます。

特にダックスフンドやコーギーのような胴長な犬種は、胴が長いために背中の負担が大きく、発症しやすいと言われています。

他には、ビーグル、シー・ズー、ペキニーズなどが、なりやすい犬種としてあげられています。

201612191125_5-300x0.png

「椎間板ヘルニア」の疑いの目安としては、足を引きずって歩いていたり、お散歩に急にいきたがらない、または、腰のあたりを触ると痛がって、怒ると言う行動を起こし始めたら、病院に連れて行き検査をされた方が良いと思います。

201612191125_6-300x0.png

軽度な場合には、運動制限と投薬での内科的治療になりますが、重度の場合には手術をしなければいけなくなります。

手術後にはリハビリも必要です。そこまでにならない為にも、早期発見は大切です。

この時期の歩き方には十分に気つけて下さい。