2016年にオープンしたペットと暮らせるシェアハウス

ペットと暮らせるシェアハウスが横浜にある?そんな情報を聞きつけイヌモネコモ編集部が向かったのは「サングレージュⅢ」。横浜市営地下鉄ブルーライン「片倉町」駅から徒歩8分ほどの閑静な住宅街にたたずむ、2016年にオープンしたシェアハウスです。
201703221307_1-600x0.jpg
その日は、内覧会と新しい入居者さんを歓迎するウェルカムピザパーティが開かれるとのことで、お庭にはピザ釜(!)が用意され、炭が燃える匂いが広い庭にほのかに漂っています。
201703221307_2-600x0.jpg
玄関を開けると、ここで暮らすペットたちの写真が出迎えてくれます。ワンちゃんだけでなくうさぎさんもいるんですね。写真はありませんが、文鳥さんも住んでいるそうです。
201703221307_3-600x0.jpg
 リビングにはゆったり座れるソファセットがあり、夜にはみんなで団らんすることもあると女性の居住者の方が笑顔で語ってくれました。大きな液晶テレビもあるので、みんなで映画を見たりスポーツ観戦したりするのも楽しそうです。部屋の隅には観葉植物に隠れてワンちゃん用のおトイレもセットされています。リビングでペットと過ごせちゃうのも嬉しいところ。

201703221924_1-300x0.jpg
201703221924_2-300x0.jpg
ペットと暮らせるシェアハウスとしては横浜最大クラス!

サングレージュは居室が22室と、シェアハウスの規模としては中程度。居室は鍵付きで7畳程度の広さがあり、プライベートスペースと共有スペースのバランスの良さがシェアハウス初心者にもおすすめの物件だとか。通常の賃貸と異なり共有の家電はもちろん、机やベッドなどの居室内の家具も備え付けなので、ひとり暮らしが初めてという人にも安心です。ちなみに1階は男性専用、2階は女性専用とフロアがわかれています。
 
サングレージュⅢの目玉の一つ、広い庭に出てみると、サングレージュⅢに住むピースちゃんがお散歩の最中でした。ピースちゃんくらいの大きさのワンちゃんであれば、ちょっとしたお散歩はお庭で十分。これだけのお庭があれば、仕事で帰りが遅くなってしまっても、お庭でサクッとお散歩がすませられますね。
201703221307_6-600x0.jpgお散歩中のピースちゃん。
 
そして、サングレージュⅢの面白いところは、シェアハウスの中にネイルサロンがあること。中をのぞくとピンクの壁紙がとってもキュート。サロンのオーナーさんが一緒に暮らすサラちゃんの写真が飾ってあるのも胸キュンです。このように、住まいだけではなくオフィスとしても機能しているところは、今どきのシェアハウスらしいですよね。
201703221329_1-300x0.jpg

ペットにやさしい設備も完備

さて、もう一度サングレージュⅢの中へ。いくつかペットと暮らせるシェアハウスならではの特徴をご紹介します。
 
その1。床はペットのために滑りにくく、傷がつきにくい仕様になっています。
その2。一部の居室の壁紙は、ネコちゃんの爪とぎに強い仕様になっています。
(賃貸で暮らすネコちゃんオーナーなら、壁をガリガリされて血の気がひいたこと、1度くらいありますよね・・・)
その3。ワンちゃん用のお風呂があります。小型犬なら十分な大きさ!201703221307_7-600x0.jpg

オマケ。ワンちゃんが出迎えてくれる玄関マットに、2階のあちこちに隠れるネコちゃんのウォールステッカー。201703221924_3-300x0.jpg201703221924_4-300x0.jpg

他にも、広々としたランドリールームや、女性専用のパウダールーム(女優鏡付!)、駅までのアクセス(横浜駅まで徒歩と電車を合わせても20分かかりません!)、広々とした屋根つきサイクルポート(もちろん駐輪無料)など住みやすい要素がたくさん。
 

そうこうしているうちにピザがこんがりと焼け、ウェルカムパーティがスタート。内覧会も兼ねているので、引っ越しを検討している、くくるちゃんと飼い主さんも加わりにぎやかな会が始まります。
201703221307_10-600x0.jpgピザが気になるくくるちゃん。
 
この日は私たちを始め居住者の方以外の参加者もたくさんいましたが、なんだか旧来の友達のようにみなさん大盛り上がり。このように、コミュニケーションの場を持てることが、シェアハウスの醍醐味ですよね。サングレージュⅢのいいところはペットを飼っている人もいない人もお互いを尊重して暮らしていること。そうなんです。ペットを飼っていない人も、サングレージュⅢにはいらっしゃるんです。ペットを飼っていない住人の方に話を聞くと、入居のとき、「ペット可であることは全く気にならなかった」とのこと。むしろ、リビングでほかの住人のワンちゃんと楽しそうに過ごしていらっしゃいました。
201703221307_11-600x0.jpgリビングでお父さんと過ごせてご機嫌なカイくん。
 

取材を終えて・・・


ペット共生型シェアハウスというと、ペット好きのための場所と思いがちですが、実は違っていて、「ペットが好きな人もそうでない人も仲よく快適に暮らせる場所」でした。ひとり暮らしでもない、家族とでもない、そんな新しいタイプの暮らし方に、いまや家族同然のペットが一緒というのは、もはや当然のことなのかもしれませんね。
 
取材の帰り道、暖かなリビングルームを後にしながら、シェアハウスっていいな・・・と思うのでした。
 
本日取材したのは・・・
サングレージュⅢ
サングレージュⅢについてのお問い合わせはこちら