B-3_kainusitonekoganiterunohanaze_02

長年暮らしている夫婦の顔が似てくるように、猫と飼い主の顔も似てくるのでしょうか。
かく言う私も猫好きですが、猫に似ていると言われることが多いです。
子供の頃はそんなに猫に似ているとは言われなかった気も…。
猫といると猫に似てくるのか、もしくは似た猫を選ぶ傾向にあるのでしょうか。

1.人は自分に似たものを好む

犬の研究ですが、カルフォルニア大学の心理学者が飼い主と犬が似ている事を科学的な手法で証明しました。
この実験では飼い主と犬の写真をバラバラにし、犬に似ている人の写真を選ぶと、実際の飼い主の確率が高かったのです。
しかしこの実験、実はミックス犬には当てはまりませんでした。
研究者は「ミックス犬は成犬時の顔付きが予想できないため、飼い主が似た犬を選ぶ事ができないからである」と考察しています。

では、猫はどうでしょう。
犬種ほど顔付きに多様性はありませんが、猫も結構顔に個性があります。
沢山飼っている方は分かると思いますが可愛い系、やんちゃ系、美人系、おとぼけ系、イケメン系など猫の顔もいろいろと分類できます。
数百gの授乳期の子猫でも顔付きに特徴があるので、里親としてミックス猫を迎えるときに自分に近い顔を選んでいるかもしれませんね。

また純血種でもシンガプーラという猫は小柄で猫の中でも目が大きいのですが、シンガプーラの飼い主さんは目が大きい方が多い気がします。

2.性格が似ると顔も似る?

性格面ではどうでしょうか。これは私の持論ですが、猫好きの人は2つのタイプがあると思っています。

1つめは猫に尽くすのが好きな人です。
これは「私なんて猫の奴隷だよ」など自虐的な事を言って楽しんでいます。

2つめは猫に憧れている人です。猫の外貌、ふるまい、全てに惚れ込んでいるタイプです。
特にこの2つめのタイプの猫好きは、性格も猫っぽかったりします。
顔は印象を決めるのに大きな要素ですが、振る舞いや性格からも猫と似ていると言われるのかもしれません。

3.一緒に住んでいると似てくる

猫は自分で生活スタイルを選ぶ事はできません。
飼い主さんの生活スタイルがそのまま猫に反映されます。
例えば、自分の食生活に気を配らない人は猫の食生活にもあまり気をくばらないでしょう。
幸い、猫フードは総合栄養食なので過剰に栄養が偏る事はありませんが、与えすぎると肥満になります。
猫の体形が人間に似てくる事はありそうです。

反対に人間が猫に似ることはあるのでしょうか。
猫を飼っていると心筋梗塞の発生率が低いという研究もあるように、ストレス発散効果があります。
双子でも生活環境によって顔付きが変わるように、猫と暮らしていると、よく寝ている猫のような穏やかな顔になるかもしれませんね。


飼い猫に似ているといわれて嫌な気分になる飼い主さんはいないでしょう。
私もたまに猫に似ているといわれますが、嬉しい反面、猫の方が整った顔をしているのでちょっと猫に申し訳ないなとも思います。
年をとるにつれ言われる機会が増えたのも、毎日いろいろな猫と会っているからかもしれませんね。