写真の撮り方top

はじめまして。写真家の雨樹一期(あまきいちご)です。

普段はトイカメラという、言葉の通りオモチャみたいなフィルムカメラを使って写真のお仕事をしています。
その傍ら、超猫好きな僕はトイカメラでノラ猫ちゃんを、デジタルカメラでうちの猫ちゃんずを撮影しています。

我が家にはいま基本的に二匹の猫がいます。
基本的にというのは、妻が動物病院の看護師をしていることもあり、数日ですが子猫を預かったりすることもあって、まれに増える期間もあります(笑)。もちろんその時は夢中で撮っちゃいます。

前置きが長くなりましたが、この連載では「うちの猫をかわいく撮るテクニック」をたくさんご紹介していきます。
よろしくお願いします。


まずはじめに、猫をカメラに慣れさせる

テクニックの前に、とっても大切なことが二点あります。

その一つが“猫をカメラに慣れさせること”です。
これさえ出来れば、というかこれが出来ないとかわいく撮るのも難しいです。
とっても大切なことなのに、猫の撮り方の書籍などでもあまり紹介されてませんよね。

方法はいたって単純。
自分の部屋に、リビングに、とにかく猫がよくいる場所に、カメラを転がしておくだけです。
猫って掃除機やドライヤーみたいに音のなるものが苦手ですよね。
同様に得体の知れないものも苦手です。
コンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)ならまだしも、少しゴツイデジタル一眼レフ(以下、デジタル一眼)がいきなり出てくると警戒されちゃいます。
警戒されたらどうしてもかわいく撮れません。

猫の可愛さは自由で気ままなところ。
そんな猫の日常を撮るためにも、カメラは片付けないで下さい。
ほんとはカメラって埃や湿気に気を付けないといけませんが、かわいい猫ちゃんを撮って未来に残しておくためです。
常に目に触れる場所に出しておきましょう。
一度慣れてしまえばちゃんと保存しておき、撮るときに出しても大丈夫です。
僕は瞬発的に撮りたいのでずっと出したままですが。

写真の撮り方1
(もう慣れすぎちゃってカメラにアゴを乗せてます)
写真の撮り方2
(撮影の仕事の為に準備していたカメラ。気付いたら乗っかっていました。iPhoneで撮影)

相思相愛が秘訣です

そして、猫を撮る時にもう一つ大切なこと。それは「猫を好き」という気持ちです。
猫を嫌いな人は猫にも嫌われます。逆に好きなら寄ってきてくれます。
こんなこと書かずとも、我が家の猫だから大好きに決まってますよね。

でも、好きだからって嫌がってるのに抱っこしたり、撮影したいからって無理やり服を着せたり、とにかく猫ちゃんの嫌がることはしないで下さいね。
かわいい猫写真には、猫ちゃんから撮影者への愛情も大切ですよ。


カメラはデジタル一眼がオススメ

カメラはコンデジより、デジタル一眼。
さらにいいレンズなら尚いいのですが、僕がメインで使用しているのは「Nikon」の「D40」という古いデジタル一眼の、安いレンズです。
種類もいくつかあればいいのですが、デジタル一眼のレンズセットなどで購入したものでも充分です。
それに絞り値が小さい単焦点レンズなどがあればいいですね。
絞りなどの説明については、また連載の中で説明していきます。

この連載での掲載写真は、デジタル一眼で撮ったものになりますが、いまのコンデジは性能もいいので充分キレイに撮れます。
だけど、かわいい猫ちゃんのためにも思い切って、デジタル一眼を購入するのもいいですね。
ピントが合う速さも早く、シャッターを押した瞬間に撮影が出来るので、決定的瞬間も逃しません。
レンズが交換できるので撮れる写真の幅も広がります。
専門的な用語が出てくるので少し難しくて、カメラも重たいですが、使いこなせばとっても面白いですよ。
猫ちゃんに限らず、子供や風景写真。まるでプロのような写真が撮れます。

ミラーレスデジタル一眼レフ(以下、ミラーレス一眼)というのもありますが、これはその名の通り、一眼レフの構造に必要なミラーをなくし、コンパクトにしたものです。
外に持ち出すのにも向いてますね。ソフトフィルター風やトイカメラ風に撮ったりも出来て、見た目もお洒落です。
デジタル一眼は本格派、ミラーレス一眼は遊び心もあって、初心者向きですね。


さて、今回は撮影する前の基本を紹介しました。次回は撮影する時の基本を紹介します。