B-1_6-1

こんにちは、雨樹一期(あまきいちご)です。
今回は、前回紹介した猫目線の応用編。ローアングル撮影にこだわったコラムに致します。

猫がお腹に乗ってくることは日常茶飯事ですよね。少し見下ろされるあの感じ。猫好きにとってはたまりませんよね。
朝、寝苦しくって目を覚ますと、猫がお腹でお座りしていることもあります。
「おい、いつまで寝てるんや。飯や飯」って感じで(笑)。
愛らしい表情をする時もあれば、ぶさいくな時もあってローアングルはなかなか面白いです。

B-1_6-2
(二匹ともなんとも言えないブサイクな表情。擬音にすると“むお〜ん”といった感じ)

覗き込んでもらうには

ローアングルですから、単純に猫が高い場所にいればいいです。机でも椅子でもいい。
基本的に高い場所が好きなので、猫ちゃんを見上げることもありますよね。何だったら高い場所に運んであげましょう(笑)。

そして、たとえば机の上にいるとしたら、カメラと猫ちゃんのおもちゃを持って、机の下に潜り込みます。
おもちゃをチラ見せすると、覗き込んできます。ピント合わせがやや難しいですが、数打って当てましょう。

コラムの表紙になっている大福みたいな写真もそうやって撮っています。少しずつ角度を変えながら、近付いたり離れたりして撮りましょう。

B-1_6-3
(コラムの表紙になっている写真の一コマ前に撮影。アゴを乗せて顔だけで覗き込んでいます)
B-1_6-4
(椅子の上から、上半身を少し乗り出して覗き込んでいます)
B-1_6-5
(天井が写るくらいのローアングルで撮影。全身で覗きこんでいます)

猫のへの字の口を意識的に撮る

猫が高い場所にいなくてもいいです。床に座っている時でもローアングルで撮ることは可能。猫の目線よりカメラをさげればいいだけですからね。

前回の地べた撮影同様、カメラを床につけます。そこから少しだけ角度をつけます。手持ちでもいいのですが、たとえばデジタル一眼なら、レンズの下にスマホなどを置いて角度を付ける工夫をしてもいいと思います。
レンズの先を猫に向ければオッケー。
ただ、ここで猫ちゃんが下を向いていたらローアングルで撮る意味も半減します。
ローアングル=への字の口を撮る。それくらいのつもりでいましょう。
この時も、おもちゃで気を惹き付けて、猫の顔が真っすぐより少し上を向いているぐらいで撮影してみてください。
左手におもちゃ、右手にカメラ。頑張ってこのスタイルを身につけましょう。

B-1_6-6
(レンズ部分の下にスマホを置いて無理矢理角度を付けています。ライターや本など、なんでもいいので角度を固定出来ると撮影がしやすいです)
B-1_6-7
(極端にローアングルでもなくてもいいです。重要なのは口元)
B-1_6-8
(おもちゃを使って角度を変える。真っすぐより少し上を向いているぐらいが一番可愛い)
B-1_6-9
(おもちゃを少し高い位置でフリフリ。アゴが見えて面白い表情に)
B-1_6-10
(縦位置で撮ると凛々しくなります)

知っておきたいカメラの基礎知識〜広角レンズ

デジタル一眼、ミラーレス一眼はレンズを交換出来ることが特徴です。レンズには多くの種類があり、その中に「広角レンズ」というものがあります。

その名の通り、より広く撮れる特徴があります。これがローアングル撮影には適しています。

また、広角レンズを購入しなくても、レンズキットで購入された方なら「標準ズームレンズ」というレンズが付属されているかと思いますが、これでも広角に撮影することが可能です。
たとえば、NIKONのレンズで「AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm」という名前のレンズがありますが、18-55mmの『18』という部分の数字が小さいほど広角に撮れます。
コンデジでも広角〜望遠と多少の切り替えが可能です。ローアングルで撮る時は「広角で撮ること」が基本になります。