B-1_syasin16-1

こんにちは、雨樹一期です。

猫写真の定番はたくさんありますが、猫といえばやはりこれですよね、「猫パンチを撮る」です。

動いている瞬間なので難易度は高め。それを光の少ない室内で撮るとなるとブレブレ写真のオンパレードです。
はじめの内はそれでも仕方ないです。
あくび撮影(第3回)と同じく、連写でもいいので、とにかく数を撮りましょう。
慣れてくればパンチのタイミングも分かるので、連写しなくても上手く撮れるようになります。
猫パンチ中の必死な顔はたまりませんよね。興奮して瞳孔も開いていますからね。めちゃ可愛いです。


まずはカメラの設定を確認

猫パンチの撮影は、一瞬を捉えるので、シャッタースピードを速くする必要があります。
まず初めにコンデジ、デジタル一眼の感度設定を800か1600に設定しましょう。(「感度」については第3回参照)
デジタル一眼の絞り設定は開放側にします。(「絞り」については第9回参照)


連写が早いカメラなら連写撮影でもいいですが、僕はパンチを出した瞬間に一枚だけ撮影しています。
個人的にですが、一枚にかける方がしっかりとカメラも固定出来て、ブレずに撮れる気がします。

ピントは顔に合わせる

パンチする手にピントを合わせるのは難しいです。
たとえピントを合わせたとしても高速なのでブレてしまいます。
ピントは顔に合わせましょう。
顔にはしっかりピントが合い、パンチする手がブレていると、躍動感のある写真になります。

B-1_syasin16-2
(顔にピントを合わせる。手はブレていてOK)

猫パンチを撮るには

まずは猫じゃらしやおもちゃなどをフリフリしながら、顔にピントを合わせます。
僕は左手におもちゃ、右手にカメラの定番スタイル。
これまでと同じく家族の方におもちゃ役をお任せしてもいいですね。

ピントはパンチする瞬間に合わせるのではなく、先に顔に合わせておきます。

おもちゃをフリフリするのは、猫ちゃんのパンチが届く近い距離がいいですね。
顔を動かさずに、パンチだけが飛んできますので。
遠い距離でフリフリしてしまうと身体ごと突っ込んできます(笑)。
猫ちゃんがあまり反応してくれなかったら、猫じゃらしで頭をポンポンと叩いてみましょう。
きっと反撃してきます(笑)。

B-1_syasin16-3
(上に見えている白い物体は、猫じゃらしではなく、梱包に使うPPバンドという平らな紐です。これを好きな猫ちゃんも多いですよね)

B-1_syasin16-4
(顔全体にピントが合わなくても大丈夫です。必死な口元を中心に合わせましょう)

次ページ>>猫パンチを撮るコツ