catphoto1-1

こんにちは、雨樹一期(あまきいちご)です。
一旦20話で完結した「かわいい猫の撮り方レシピ」ですが、皆様からたくさんの要望があったため、番外編として連載再開することになりました。
これから外猫の撮り方について5回、更にスマホでの撮影について2回、追加連載でコラムを書いていきます。どうぞお楽しみに!

さて、今回からは外猫の撮影方法です。猫好きだけど家では飼えないって方もいますよね。
飼っていたとしても、外で遭遇したらテンションあがりますよね。やっぱり撮りたくなりますよね。
これまでのコラムも外猫撮影に使えるテクニックはありますが、今回からは外猫のための撮影方法。ちょっぴりこれまでと違います。

まずはカメラの感度設定

家猫撮影では感度設定は高い方(800〜1600)がいいと書きましたが、外は明るいので朝〜昼なら400、夕方になってきたら800にするなど、時間帯によって調整しましょう。

※感度設定についてはこちらもご覧ください。
かわいい猫の撮り方レシピ18「猫が立った!」

外猫の撮影で最も大切なこと

まず、知識やテクニックよりも大切なのが「仲良くなること」です。
コラム14話でも少し書いていますが、猫は警戒心の強い動物。
でもそれと同じくらい好奇心もあります。この性格をまずは覚えておきましょう。

catphoto1-2
(初対面でもあまり警戒心のない子はいます)
 

公園で見つけたとしても、ダッシュで近付いてはいけません(そんな方はいないだろうけど)。
子供は叫びながら、一直線に向かって行きますからね。そりゃ猫にとったら恐怖ですよ。
子供といっても、猫からしたら巨人です。
猫界で「人間は割といい奴にゃ~」みたいな話をしていたとしても、全速力で近寄っては逃げられちゃいます。

猫に近付くにはどうすればいい?

猫を見つけても、まずは知らんぷりです。「あんたら猫には興味ないで」のスタンスです。
そして真っすぐ近付くのではなく、遠回りしながら少しずつ接近していきます。

遠回り出来ないような一本道でも同じく、ゆっくりと近付きます。
立ったままより、体勢は低い方がいいです。自分を小さく見せましょう。

警戒心が強い猫の撮影は難しいですが、たいていの子はある程度までの距離なら近付くことが可能です。
逃げる体勢に入られたら、そこで一旦動きを止めましょう。
カメラの設定でもしておけばいいです。その場に座ってもいいですね。
しばらくすると、「こいつは安全にゃ」と、自ら近付いて来る猫もいます。

catphoto1-3
(気を許して膝にのってくる子もいます。撮影は出来なくなりますが、なでであげましょう。
スキンシップも大切です。お腹を触ると嫌がる子がいるのでご注意を)
 

猫を専門に撮影している方は、おそらく皆このような方法です。撮りたい欲求をおさえて、猫のペースに合わせます。
また、できれば何度も会いに行くようにしましょう。
初日は近付けなくても、3回目くらいになれば怖がらなくなります。もう数回通うと近付いてきてくれるようになります。

catphoto1-4
(猫発見!とりあえずこの距離で撮影。って、遠過ぎますね。少しずつ近付きましょう)
catphoto1-5
(こちらを見ていますが、そこまで警戒心はないですね。)
catphoto1-6
(あと数歩近付いて、構図を決めて撮影。喜んでいるようにも見えます)
 

外猫の撮影に狙い目の時間帯は

猫は基本的に夜行性です。昼間は寝ています。夜も寝ていますが(笑)。
外猫は真っ昼間だとなかなか出会えません。どこかに隠れて寝ています。

出会いやすい時間帯は早朝か、夕方です。
公園などは餌をあげに来るおっちゃんやおばちゃんがいますが、それもたいてい日が暮れる少し前。
猫ちゃんがどこからかゾロゾロ集まって来るのをよく見ます。

出会いやすい季節は春か秋です。
冬は寒さを、夏は暑さをどこかで凌いでいます。秋の16時〜18時は遭遇率が高いように思います。

とにかく、真っ昼間の撮影は避けましょう。
今の時期(春)ですと、16時くらいから撮影に行くといいですね。

外猫撮影の注意点

撮影とは別で大切なことですが、かわいいからといって餌をあげるのはやめましょう。
特に住宅街で餌をあげちゃうとそこに猫が居座ってしまいます。
近隣住民の中には猫を嫌いな方もいますから、トラブルの原因にもなってしまいます。
お腹空かせて可哀想だからという気持ちも分かりますが、その行為で「かわいそうな猫」がさらに増える結果になりかねません。

また、大きな公園などに多いですが、耳にカットがある猫は、避妊・去勢手術をすましている印です。
地域の方が決まった時間にボランティアで餌をあげています。
餌が食べ残しになると衛生的にもよくないので、こういった猫にも基本的に餌をあげるのはやめましょう。

catphoto1-7
(不妊手術済みの猫ちゃんは片方の耳先がちょこんとカットされています。
餌場や餌の時間も決められています)
 

さて。次回はズームレンズを使った撮影方法のご紹介です。
仲良くならなくても遠くから撮れますね。