B-1_inutonoasobikata

(※画像はイメージです。)

犬と暮らすからには、いっしょに楽しい遊びをしたいものです。でも、どうやって遊んだらいいのかわからない、犬が喜ぶ遊びが知りたい、という飼い主さんが多いのではないでしょうか。
そんなときは、犬をよく観察してみましょう。犬には犬の遊び方があって、それは人間のやり方とは少し違っています。

子犬は同腹の兄弟たちとよくじゃれあって遊びます。上にのしかかってプロレスごっこをしたり、軽く噛んだり、追いかけっこしたり。エキサイトしすぎると自分たちで休憩しています。こういう体を使った遊びは、成犬になるにつれてだんだんやらなくなってきます。それは人間でも同じです。

犬は一人遊びが好き

子犬から成犬まで共通しておこなうのは一人遊びです。道端でなにか見つけてくわえてみたり、虫をじーっと眺めてみたり、水の中に入ったり、草の上を転がったり。友達犬と散歩をしていて、それぞれが一人遊びを楽しみつつ、ときどきその楽しみを共有するということもあります。これが犬の遊びなのです。

ボールやディスクなどを投げて持ってこさせたり、おもちゃの引っ張りっこをしたり、というような人間が考える犬の遊びとはずいぶん違っています。
人間が考える遊びは、同じ動作の繰り返しなので非常に単調です。そして、犬を激しく動かせることにより、興奮を煽ってしまいます。
興奮した犬は、よく考えることなく、いつまでもその遊びをやり続けます。これは一見喜んでやっているように思えますが、実は興奮によって思考回路が麻痺しているだけなのです。

追いかけっこは興奮しすぎるのでNG

同じことは追いかけっこについても言えます。子犬が兄弟とやる追いかけっこは、相手を追いかけて走り回るというよりは、じゃれているというほうが近いでしょう。そして成犬になるとあまりやらなくなってきます。ですが、ドッグランにいる犬たちを見るとみんな激しく走り回っています。これは成犬としては異常な行動です。

そうなってしまうのは、次のような理由によるものです。ドッグランでは狭い場所に多くの犬がいるため、適切な距離をとることができません。そのストレスに加えて、社会化不足による他の犬への過剰反応、犬同士の小競り合い、他の犬の興奮などが相乗効果をもたらして、みんなに興奮が伝染していきます。

B-1_inutonoasobikata2

上の写真の犬の表情をよく見てください。口を大きく横に引いており、きつい目をしています。
一見笑顔のように見えますが、これはひどく興奮しているときの顔であり、「ストレススマイル」です。
激しく追いかけっこをしている犬たちは、「楽しんでいる」のではなく「興奮している」のです。興奮はストレスになり、ストレスからさらに興奮するという悪循環が起こります。

次ページ>>犬との遊びで最も大切なことは?