今回は、基本のポーズに続いて、初心者向けのやさしいポーズを3つご紹介します。

まずは前回ご紹介した、基本の呼吸法となる「安楽座のポーズ」を行って心身を整えてから、次のポーズに進んでくださいね。

ドッグヨガを行う際の注意

★愛犬と楽しくドッグヨガを行うために下記の注意事項を守ってください★

  • ご自身と愛犬のペースで無理なく行ってください。
  • 愛犬を無理やり抱っこしたり、押さえつけたりしないでください。
  • ご自分や愛犬の体調の悪い時、怪我をしている時は避けてください。
  • 食後、入浴後1時間は避けて行ってください。
  • 万が一、怪我や事故、体調の悪化などが生じた場合は、その責任は一切負いかねますので、ご了承ください。

愛犬と自分の心に虹を架けて絆を深める「虹のポーズ」

【飼い主さんに嬉しい効果】
骨盤の歪みを調整する。内臓機能を整える。腿の筋肉を柔軟にする。肺機能アップ。

B-3_dogyoga3-1

(虹のポーズ/小型犬の場合)

B-3_dogyoga3-2

(虹のポーズ/大型犬の場合)

虹のポーズをやってみよう

①右足を横に伸ばし、左足裏を内腿につけて、愛犬は右足前(中央でもOK)にいてもらいます。
②「虹のポーズをするよ」と愛犬に伝えながら呼吸をあわせましょう。
③お尻が後ろに下がって腰が曲がらないように骨盤を立てます。
④右手のひらで愛犬に触れ(抱えてもOK)、右ひじを床につけるか右足の上に置きます。
⑤息を吸いながら、左手を体の横から大きく上に上げ、吐きながら右方向へ体を横に倒しながら脇を伸ばします。
⑥腕で作った大きな虹を架けて気持ちよく脇を開きます。この時、伸ばした腕が顔の前に落ちないように、右肘をてこにして胸を開きます。
⑦愛犬を五感で感じ、やさしい呼吸で5~10呼吸キープ。

【ポイント】
愛犬に綺麗な虹を見せたり、愛犬と自分の心に虹を架けるイメージで行ってみましょう。
⑧息を吸いながら左腕を上に伸ばして上体を起こし、息を吐きながら腕を下ろします。
⑨両足を伸ばして、両手を愛犬の上に軽く乗せ、全身を緩めて愛犬と一緒にリラックス。
⑩反対側も同様に行いましょう。

「虹のポーズ」を動画で確認

次ページ>>真珠貝のポーズ