A-5_inunekonoyobousessyu

猫の予防接種の種類にはどのようなものがあるかご存じでしょうか。ここでは、猫の予防接種の種類と、予防できる病気について見ていきましょう。

予防接種はなぜ必要?

予防接種はどうして必要なのでしょうか。

予防接種は、毒性を無くしている、もしくは毒性を弱めた病原体を健康な体内に入れて、その病原体に対する「抗体を作る」ために行います。

予防接種によって抗体を作ることで、たとえ病原体が体内に入ってきても、発病を予防できたり、発病しても重くなることを防ぐことができます。

愛猫を感染症から守るために、必ず定期的に予防接種を行い、抗体を作ってあげてください。

猫の予防接種の種類と、予防できる病気一覧

 

3種混合

4種混合

5種混合

7種混合

FIVワクチン

猫ウイルス性鼻気管

猫カリシウイルス感染症

○(※)

猫汎白血球減少症

猫白血病ウイルス感染症

猫クラミジア感染症

猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)

 

※ 猫カリシウイルスはさまざまなタイプがあります。3種混合・4種混合のワクチンでは1つのタイプのカリシウイルスしか防ぐことができません。7種混合ワクチンでは、3つのタイプのカリシウイルスを予防することができます。

※ 7種混合ワクチンでは、猫カリシウイルス感染症を3種類予防することができるため、「猫ウイルス性鼻気管」「猫汎白血球減少症」「猫白血病ウイルス感染症」「猫クラミジア感染症」とあわせて7種としています。

病気の感染源と症状一覧

猫ウイルス性鼻気管

  • 原因

    感染猫との直接接触。くしゃみ、咳で空気中に飛び散ったウイルスによる飛沫感染。

  • 症状

    「猫風邪」とも呼ばれる。くしゃみ、鼻水、咳、口内炎。重度の場合は高熱、食欲不振、下痢。

  • 治療

    ウイルスに対するインターフェロン。抗生物質に合わせて、栄養剤や療養食による体力維持。

猫カリシウイルス感染症

  • 原因

    感染猫との直接接触。くしゃみ、咳で空気中に飛び散ったウイルスによる飛沫感染。人間などを経由する間接感染。

  • 症状

    くしゃみ、鼻水、咳、発熱。進行した場合、舌炎、口内炎、肺炎。

  • 治療

    ウイルスに対するインターフェロン。抗生物質に合わせて、栄養剤や療養食による体力維持。

猫汎白血球減少症

  • 原因

    動物の排泄物からの感染。特に便からの感染。人間の靴裏についてものが室内に入ってしまい感染することもある。

  • 症状

    発熱して元気がなくなる。胃液、胆汁を嘔吐。下痢。白血球の減少により、免疫力が低下して他の病気を併発する場合もある。

  • 治療

    ウイルスに対するインターフェロン。抗生物質に合わせて、栄養剤や療養食による体力維持。

猫白血病ウイルス感染症

  • 原因

    唾液にウイルスが含まれているため、感染猫とのケンカ、グルーミング、食器の共有などによって感染する。

  • 症状

    感染後、2~4週間で発熱。一度症状は治まり、数週間後~数年後に再発し死に至ることもある。白血病の原因となったり、免疫力の低下により、腎臓病、リンパ腫などの病気の原因にもなる。(白血病と病名にありますが、白血病になる可能性がある感染症です。しかし、白血病を発症する以前に免疫力が低下し、他の病気を発症することが多い感染症です。)

  • 治療

    抗生物質やインターフェロンで病気の進行を遅らせます。残念ながら現在完治する方法はありません。腫瘍、口内炎、下痢などへの対処療法が主な治療。

猫クラミジア感染症

  • 原因

    感染猫との直接接触。口や鼻からの感染。空気感染。

  • 症状

    涙が出たり、結膜炎になるほか、くしゃみ、咳、鼻水などの症状。悪化すると肺炎になります。また、雌猫における不妊、流産の一因となることもある。

  • 治療

    ウイルスに対するインターフェロン、抗生物質による治療。

猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)

  • 原因

    猫同士の接触。ケンカなどの噛み傷からの感染。感染しても発症しない場合(「無症状キャリア」)もある。

  • 症状

    初期症状は発熱、リンパ節の腫れなど。進行すると、悪性腫瘍、慢性的な下痢、体重の減少、貧血などが起こり、口内炎、口腔内の腫瘍、口臭やよだれが目立つようになる。末期には白血球が減少し、免疫力の低下により、他の病気を併発して命の危険が高くなる。

  • 治療

    現在のところ、治療方法がない。併発した病気に対して、ウイルスに対するインターフェロン、抗生物質による対処療法。

※インターフェロンとは、ウイルスの増殖を抑える効果があるたんぱく質の一種。体内で生成されますが、病気の場合に不足してしまうと、体外から補う治療を行うことがあります。

予防接種の種類を決めるポイント

完全室内飼いの猫

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症は空気・飛沫感染する病気なので、完全室内飼いでも接種します。

(屋外で他の猫と接触しない場合は3種または4種の混合ワクチンで大丈夫です。)

外出もする猫の場合

4種混合以上のワクチンを接種します。
※ すでに猫白血病・FIVに感染している場合は、猫白血病のワクチン、FIVのワクチンを接種しても改善することはありません。
※ 猫白血病・FIV以外の感染症にかかっている場合は、完治してから予防接種を行います。何らかの感染症に一度感染し完治した場合は抗体ができますが、念のため予防接種をしておくことをおすすめします。

予防接種を行う時期

生後間もない子猫の場合

母猫の初乳を飲んでいる子猫の場合は、初乳から抗体(病気と闘ってくれる成分を含んだもの)を受け取っています。
そのため初乳を飲んだか否かで予防接種の時期が異なります。

○初乳を飲んだ子猫

1回目 生後8週目

2回目 生後12週目

○初乳を飲んでいない子猫

1回目 生後4週

2回目 生後8週

3回目 生後12週

生後1年以降

予防接種によって身体に入れた抗体が1年間で効力を失ってしまうため、1年に1回予防接種を受けるようにします。

愛猫を守りましょう!

健康な猫の場合、病院から縁遠く、予防接種を忘れがちになります。
予防接種記録をメモし、忘れないよう気を付けましょう。
かかりつけの動物病院で予防接種を行うと、「そろそろ今年の予防接種の時期ですよ」といった内容のお知らせをくれる場合もあります。

愛猫を感染症から守るために、予防接種について理解を深め、毎年きちんと接種しましょう。