A-1_nekokaze

寒い季節になると、人も猫もちょっとしたことで体調を崩して風邪をひきやすくなります。
それに、インフルエンザの流行も気になりますよね。

猫の風邪は、通称「猫風邪」と呼ばれるものですが、単なる風邪だと軽く考えるのは禁物です。
猫風邪は症状が重症化しやすいだけでなく、慢性化して長引くこともある厄介な病気だからです。
また、2~3ヶ月齢前後の子猫や体力の弱っている猫がかかってしまうと、衰弱して命に関わることもあるのです。

「猫風邪」とは?

猫風邪とは、ウイルスや細菌などの病原体によって、風邪のような諸症状を引き起こす感染症のことです。

主にはヘルペスウイルス、カリシウイルス、クラミジア(細菌)などがその病原体で、複数の病原体に同時に感染することもあります。
感染して免疫力が低下すると、さらに別のウイルスや細菌に二次感染して輪をかけて症状が重くなることがありますので、注意が必要です。

また一般的に「猫風邪」とひとまとめにして呼ばれるのは、どの病原体に感染しても症状にいくつかの共通点があるからです。 くしゃみ、鼻水、40度以上の発熱、目やに、食欲低下などがその主な症状で、まさに風邪とよく似ています。 加えて、感染した病原体の種類によってそれぞれ異なる症状も現れます。

猫風邪の原因となる病原体はとても感染力が強いので、風邪というよりインフルエンザと同じように捉えたほうがより的確なのかもしれません。

猫風邪の主な症状

まとめて「猫風邪」と呼ばれる病気について、それぞれ詳しく症状や治療法をみていきましょう。

猫ウイルス性鼻気管炎

ヘルペスウイルスに感染して起こる病気。
くしゃみ、鼻水、発熱、食欲低下の他に角膜炎や結膜炎を起こしやすくなります。その結果、目が開かなくなるほど大量の目やにがでることも珍しくありません。
ヘルペスウイルスを直接退治する特効薬はありませんので、抗ウイルス剤の投与と栄養補給による体力の向上によって治療します。

また、免疫力を高めるためにネコインターフェロンを投与することもあります。

※インターフェロンとは
ウイルス感染した際、ウイルスの増殖を抑えるために体内で作られるタンパク質の一種。
体内のインターフェロンでは追いつかない場合には、人工的に体外から取り入れることがあります。
期待される効果は、抗ウイルス作用、抗腫瘍作用、免疫増強作用があり、症状が重い場合は注射をすることが多いですが、子猫のうちはインターフェロンが入った点眼薬を使うなど、できるだけ体に負担のかかりにくい方法が選択されます。

猫カリシウイルス感染症

カリシウイルスに感染すると、くしゃみ、鼻水、発熱、食欲低下の他、口腔内に水疱や潰瘍ができる口内炎や舌炎の症状が現れます。
そのため口臭がきつくなったり、痛みでよだれが多くなることもあります。
ヘルペスウイルス同様、カリシウイルスを直接退治する特効薬はありません。抗ウイルス剤の投与と栄養補給による体力の向上によって回復を待ちます。
ネコインターフェロンを投与することもあります。

猫クラミジア感染症

ネコクラミジアという細菌の一種によって引き起こされる病気です。
感染すると目の炎症から始まることが多く、粘着性の目やにをともない、長引きやすく慢性化しやすいことが特徴です。
加えて、くしゃみ、咳、鼻水といった症状も現れます。
猫クラミジアは有効な抗生物質が判明しているので、体内からクラミジアが完全に消滅するまで投与を続けて治療します。
このとき、クラミジアを体内に残してしまうとそのまま潜伏し、免疫力の低下とともに再感染してしまいます。
さらには、知らず知らずのうちに他の猫にも伝染させてしまうおそれがあるため治療は慎重に行われます。

猫風邪は人間にはうつらない

猫風邪は人にはうつりませんし、犬にもうつりません。

猫風邪も人間の風邪も、ともに気温と湿度が低下する時期に流行しやすくなります。

そのため似たような時期に、同じような症状が人間にも猫にもみられることがありますが、感染しているウイルスは全くの別ものです。
しかし、猫から猫にはうつりますので、多頭飼育をしている場合は1匹の猫が感染すると、他の子も感染する可能性が非常に高くなります。
グルーミング(体をなめる、毛づくろいなどの行為)などの接触感染だけでなく、くしゃみや鼻水などの飛沫や、複数の猫が共有している食器からも感染することがあります。
また、飼い主さんが外で猫風邪にかかっている猫に触り、その手から感染させてしまうこともありますので、人間のインフルエンザ同様にこまめな手洗いや住環境の消毒が必要となります。

猫風邪を防ぐにはワクチンが有効

猫風邪に感染すると、さらに違うウイルスや細菌の二次感染を起こしやすくなるため、複合感染による重い症状に苦しむことも珍しくありません。

それを防ぐためには、子猫の頃からきちんと猫風邪に有効な混合ワクチンを接種しておくことが大切です。 ワクチンを接種していると、たとえ猫風邪に感染しても軽い症状で済むことが多いため、治癒も早く有効なのです。 子猫の場合、初乳をしっかり飲んだのか飲まなかったのかによって、最初のワクチンの時期が異なります。

猫と暮らすことになった飼い主さんは、早めにかかりつけの獣医さんに相談し、適切な時期にワクチンを接種することで猫風邪からたいせつな猫たちを守りましょう!