A-1_kusyami

猫ちゃんのくしゃみが続いているとき、鼻に何か入った、アレルギー、何らかの疾患など原因はさまざまです。
猫ちゃんの様子をよく観察し、くしゃみ以外に咳や目やに、鼻水などの症状があった場合に考えられる病気を知っておきましょう。

ここでは、猫ちゃんのくしゃみについて見ていきましょう。

こんな時にするくしゃみは安心。原因が分かれば取り除こう

暖かい部屋から寒いところへ移動したときや、ほこりっぽいところにいたり、飲んでいるお水や毛づくろい中の毛が鼻に入ってくしゃみが出ることがあります。
ほかに、たばこや芳香剤などの臭いが鼻の粘膜を刺激してくしゃみをする場合もあります。

これは私たち人間でも起こる、単純な生理現象のくしゃみです。くしゃみが続くようでなければ特別に心配することはありませんが、気温の変化やほこり、臭いなどは猫ちゃんのストレスになることもあるため、くしゃみをしている猫ちゃんの周りの環境を確認して、原因を取り除いてあげましょう。

こんなくしゃみは感染症の可能性が。早めに獣医さんへ

先に述べたような環境でもないのに、一日のうちに何度も連続してくしゃみをするときは、何らかの病気で鼻の粘膜が炎症を起こしている可能性があります。
くしゃみとともに鼻水、涙が出ている場合は、何か感染症にかかっているかもしれません。

以下に、くしゃみの原因と考えられる主な感染症と、感染源、症状を挙げてみます。
こんな症状が見られたら、できるだけ早く獣医さんに診てもらいましょう。

「猫カゼ」と言われている感染症

猫ウィルス性鼻気管炎

猫ヘルペスウィルスが原因です。

感染している猫ちゃんのくしゃみや咳、鼻水から感染します。母子感染もあります。
症状は、くしゃみ・鼻水・目やになどがあります。
ワクチンで予防できます。

猫カリシウィルス感染症

猫カリシウィルスが原因です。感染している猫ちゃんのくしゃみや鼻水から感染します。猫ウィルス性鼻気管炎との併発が多くみられます。
症状として発熱・くしゃみ・鼻水・目やに、口内炎がみられ、食べることができなくなり、放置すると肺炎を起こし命にかかわることもあります。
ワクチンで予防できます。

猫クラミジア感染症

クラミジアに感染することが原因です。人にもうつることがあります。
症状は、くしゃみ・鼻水のほかに、結膜炎・口内炎など粘膜に炎症を起こします。 結膜炎の症状がひどいのが特徴です。
ワクチンで予防できます。

クリプトコッカス症

酵母様真菌というカビが原因で起こります。

はとの糞便に汚染された土や植物などから空気感染し、免疫力が低下した時だけに発症します。
症状は、くしゃみ・鼻水・視神経炎・網膜剥離・髄膜炎などで、発熱、昏睡の症状も起こします。
中枢神経から眼に感染が広がると、失明する場合もあります。
抗生物質の投与で治療できます。

たかがくしゃみと油断しないで!いつもと違う様子がみられたらすぐに動物病院へ

このように、くしゃみだけの他に、咳や涙目、目やに、その他食欲がないなどの体調不良がないか、猫ちゃんの様子をよく観察するようにしましょう。
「いつもと何か違う・・・」と感じたら、すぐに動物病院に行くことが大切です。

たかがくしゃみとたかをくくってしまうと治療が遅れ、症状が進んでしまうと完治が難しくなり、やがて慢性化して蓄膿症を起こしたり、場合によっては命にかかわる病状にもなりかねません。


また、今回紹介した感染症は、ほとんどがワクチンの接種で予防できます。
子猫の頃からきちんとワクチンの接種を行うことで感染症を予防し、猫ちゃんがいつまでも健康で快適に暮らして行けるようにしてあげることも、飼い主さんの大切な役目です。
猫ちゃんが辛い思いをしなくて良いように、定期的なワクチン接種を行うようにしましょう。