A-1_inunoketuben

人間も犬も、食べ物を食べると、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化器官を通って栄養を消化吸収し、不要なものが肛門からうんちとして排出します。
うんちは、色や状態、臭い、量などから、愛犬の健康状態を知る大切なバロメーターになります。
特にうんちに血が混じっている「血便」が出ている場合など、愛犬の消化器のどこかでトラブルが起きている証拠なので、見過ごさないようにしたいものです。

今回は犬の「血便」について学んでいきましょう。

血便から、出血場所と原因がある程度予測できる

血便は、出血している消化器官によってうんちに血が付く場所が変わります。
また、時間の経過とともに血液が酸化し黒く変色するため、血便を見れば、消化器のどこから出血しているか、また原因は何なのかをある程度予測することができます。
血便が出た際は、血液の付き方と色を、まず観察するようにしましょう。

Check1 血液がうんちのどこについているか?

うんちの周りに血液が付いている場合は、うんちとなった大腸後半(下行結腸・直腸)から肛門のあたりで出血していると考えられます。
一方、うんちの中に血が混じっている場合は、うんちになる過程で出血していることに。小腸や大腸前半での出血が考えられます。

Check2 血液の色や状態は?

○鮮やかな赤い血がついている場合

出血からそれほど時間が経っておらず、大腸下部の肛門近くなどから出血していることが考えられます。
原因としては、便秘でうんちが硬くなり、直腸や肛門などが切れ痔になっていたり、大腸ポリープなどで大腸から出血している可能性があります。
また、下痢による排便でも、粘膜が傷ついて出血することもあります。

○粘血便(うんちの表面にドロっとした血液混じりの粘液がついている)の場合

大腸性下痢や、結腸炎、大腸の悪性腫瘍の可能性があります。

○暗い赤色や赤褐色の血便の場合

小腸に寄生虫がいる可能性があります。
代表的な寄生虫としては鉤虫(こうちゅう)があげられ、小腸の粘膜に食い込んで吸血します。
特に子犬は寄生虫により衰弱し、命の危険にも繋がりやすいので、早急に寄生虫駆除をしなくてはなりません。

また、タマネギによる中毒の場合もこの色の血便が出ることがあります。
タマネギ中毒は、ひどいと血尿や嘔吐も伴う場合もあります。他にも、ストレス性腸炎や細菌性腸炎、伝染病の感染なども考えられます。

○トマトケチャップやトマトジュースのようで異臭がする血便で嘔吐を伴う場合

パルボウイルス感染症の可能性があります。
パルボウイルス感染症は、他に激しい嘔吐や下痢の症状を伴い、脱水や敗血症、貧血などを起こして急激に衰弱してしまうこともある怖い病気です。

○黒っぽい血便の場合

口から胃、小腸に至る、肛門から遠い上部の消化管あたりからの出血であると考えられます。

○タール便(全体が黒光りしたゆるいうんち)の場合

消化管で出血が大量に起きている可能性があります。
胃潰瘍や胃がん、口腔内の出血、気管や肺からの出血が疑われ、深刻な状態かもしれないので要注意です。

いずれの場合も、血便が出たらすぐに動物病院へ

血便を見つけたら、まずは慌てることなく冷静に観察することが大切。血便の状態を的確に獣医師さんに説明できるように、メモを取ったり、写真を撮るなど工夫をしましょう。
また動物病院へ血便を持って行く場合は、まだ乾燥していない便を持って行くことで、より確実な診断につながります。
いずれの場合も早めに動物病院へ連れて行き、原因の究明と、処置をしてもらいましょう。

普段から健康的なうんちをチェック!

最後に健康的なうんちのチェックポイントを挙げます。

◆健康なうんちの状態

  • 硬さ……ティッシュで掴んでも崩れない程度の硬さ
  • 色………茶色~こげ茶色
  • におい…食べ物を変えていなければ、いつもと同じ臭い
  • 回数……食事の回数+1回程度
  • 量………食べた量より少ないくらい

普段から愛犬の健康時のうんちをきちんと把握していることが大変重要です。
わずかな異常に早く気付くことができれば、病気も軽く済む場合が多いので、 愛犬のうんちは毎日チェックしてあげるように心がけてください。