cPbXaax0bgV3Qrj1454981345_1454981408

犬は雑食動物ですが、基本的には肉食獣に近い内臓を持った生き物です。そのため、最も重要な栄養素は動物性タンパク質ということになります。

ところが、犬は意外なほど野菜や果物を好みます。雑食動物ですからある意味当たり前ではありますが、だからと言って人間と同じような感覚で食べさせていると、体調を悪化させてしまうかもしれません。

なぜなら、犬の内臓は本来植物の消化をあまり得意とはしていないからです。

野菜の栄養素は鉄壁のセルロースに守られている

犬の消化器官は肉類――動物性タンパク質を消化することを非常に得意としています。しかし、野菜や果物など植物の消化は苦手。それというのも、植物の細胞はセルロースという硬い細胞壁で覆われているからです。

驚いたことに犬よりずっと雑食性の強い人間はおろか、実は草食動物ですらセルロース分解菌という微生物の力を借り、長い腸の中でゆっくり移動させないと栄養素を消化吸収できないのだとか。

となると、セルロース分解菌を体内に持たず、さらには腸が短い犬にとって野菜や果物の栄養素を消化吸収することは、かなり難しいことなのです。

野菜や果物をすりつぶす

とは言え、野菜や果物をシャリシャリとおいしそうに食べている愛犬の姿を見ると、やはり食べさせてあげたくなりますよね。それに、手作り食の場合は栄養のバランスを考えると、野菜や果物を食材に加えないわけにはいきません。

そこで、犬の体が消化しやすい形へと一手間加えることが重要になるのです。

ニンジンやキュウリ、リンゴなどを塊のままボリボリ食べさせていては、栄養の吸収がほとんどされないまま便として排出されることに。さらには胃腸に余計な負担をかけることにもなりかねません。

そんな時はすりつぶして食材に加えると、かたまりのまま食べさせるより消化しやすくなります。それではせっかくの食感が失われてしまう……と残念に思うかもしれません。しかし、犬の体のことを考えたら、やはり少しでも消化しやすい形にしたほうが安全なのです。

この方法で生野菜を食べさせることにはもう一つメリットがあります。それは、加熱によって失われてしまう酵素を摂取させられることです。

温野菜も上手に利用する

野菜や果物をすりつぶして与えることで犬の胃腸に優しくなることは間違いありませんが、オヤツとして食べさせる場合、一口大の塊の方が便利ですよね。そんなときは、ふかしたサツマイモやカボチャがオススメです。

加熱することによりデンプンが糖化して甘味が増しますから、味オンチとはいえ甘味を感じることができる犬にとっては嬉しい食材。

また、腹持ちが良いこともあり、空腹になると胃液を吐きやすい犬にとっては、嘔吐防止に役立てることもできそうです。

胃腸に負担をかけない範囲で

今はどれだけ野菜や果物を食べようが問題がないとしても、加齢とともに胃腸が弱ってくると、体調悪化の原因になることもあります。

胃腸に負担をかけない範囲を守る――これが愛犬に野菜や果物を食べさせるうえで、最も大切なことなのかもしれません。