A-1_syakkuri

犬も人と同じようにしゃっくりをします。
しゃっくりは、横隔膜が痙攣しておこる生理現象。
大抵は時間とともに治まってきますから、あまり気にしない飼い主さんも多いかもしれません。
しかし症状によっては注意が必要な場合もあります。

今回は、どんなしゃっくりに注意をしなくてはいけないのか、しゃっくりを止めるにはどのような対処をすれば良いのかについて考えてみましょう。

しゃっくりの原因と、飼い主さんができる対処法

しゃっくりの主な原因としては、「食事」「精神面」「温度」などが挙げられ、この場合は、飼い主さんの対処で落ち着かせることができます。

食べるのが早い、エサが合っていない

しゃっくりは、エサを食べるのが早い犬に多く見られます。
また、エサの量や固さがあっていないときなどにも起こることがあります。
犬が落ち着いて食べられるように、エサの量を調整したり、他の種類のエサを試してみましょう。
子犬の場合は、エサをふやかして与えるのもしゃっくり対策の一つの方法です。

ストレスを感じている

新しい生活環境への不安など、精神的な不安やストレスなどからしゃっくりが起きている場合は、優しく撫でてあげたり、温もりを感じさせてあげたりして、安心感を与えてあげることが大事です。
気持ちが落ち着くにつれて、しゃっくりも自然と治まってくるはずです。

寒い

気温が低くなる冬には寒さに体が対応できず、しゃっくりが頻繁に起こる犬もいます。
しゃっくりをすることで口での体温調節が上手くいかなくなったり、呼吸が荒くなってしまうこともあるため、犬の体全体を毛布でくるんであげるなどして温めて、早めに止めてあげるようにしましょう。

眠っているときもしゃっくりが起こることがある

犬は、時に眠りながらしゃっくりをすることもあります。
あわせて痙攣していたり、うなり声を上げていたり、喉を鳴らしていたりなどすると、ついつい心配になってしまいますよね。この場合は、眠る前の犬の様子をよく思い出してみましょう。起きているときにこれらの症状がないようであれば、レム睡眠による夢や、単なる寝言によるものであると考えられます。
そっと手を添えてあげることで落ち着いてくるでしょう。

病気や誤飲などでもしゃっくりは起こる

また一方で、病気が原因でしゃっくりが起きることもあります。

具体的には、寄生虫による腸内異常や、喘息、肺炎、心膜炎、心臓病、心臓肥大、呼吸器の欠陥、低体温症、てんかんなどが挙げられます。
また、病気ではなくとも、おもちゃやティッシュなどを誤って飲み込んでしまい、呼吸困難に陥ってしまっている可能性もあります。

しゃっくりに気がついたら、長時間に渡ってしゃっくりしていないか、咳やくしゃみ、嘔吐や食欲不振など、しゃっくり以外の症状を併発していないか、苦しい呼吸が続いていないか、何かを一生懸命吐こうとするそぶりがないかなどを確認し、少しでもおかしな症状が見られたら、早急に動物病院へ連れて行くようにしましょう。

動物病院では的確に症状を伝えよう

たいていはすぐに治まるしゃっくりですが、しゃっくりがなかなか止まらない、他にも気になる症状があると感じたら、早めに獣医師に相談することが大切です。
その際症状をなるべく詳細に伝えられるよう、しゃっくりのおよその開始時間、頻度、食事量や食事の種類、その他の症状などのメモ書きを取っておきましょう。
また、しゃっくりをする犬の姿を映像に撮って獣医師に見せるのもおすすめです。

愛犬の苦しみに気付いてあげられるのは、飼い主さんだけ。
様子がおかしいと思ったら早めの対処をしてあげてくださいね。