A-1_inugakayugaru

「うちのコ、最近よく身体を掻いているなぁ」と思うことはありませんか。

皮膚病は、犬に大変多い病気です。
かゆみを伴うことが多いため、患部を舐めたり、引っ掻いたりしてしまい、かゆみが酷くなると噛みついて傷を作ってしまうこともあります。
さらに重症化すると脱毛、化膿へとつながり、傷からさらなる二次感染して命に関わることも。
身体を掻いているのを発見したら早急に病院へ連れて行くことが大切です。

まずは愛犬に次のような行動がないか、チェックしてみましょう。

こんな症状や仕草はありませんか?

  • よく身体を掻いていませんか?
  • 皮膚が赤くありませんか?
  • 毛艶が悪くなったり、毛が固まって抜けたりしていませんか?
  • 指の間を舐めたり噛んだりしていませんか?

かゆみの2大原因は「皮膚感染症」と「アレルギー」

犬がかゆがる原因には、大きく分けて「皮膚感染症」と「アレルギー」があります。
愛犬が身体の後ろ半分をかゆがっている時は外部寄生虫感染による皮膚感染症が、身体の前半分をかゆがっているときはアレルギーが疑われます。

皮膚感染症

皮膚感染症の原因には、「外部寄生虫感染」「細菌感染」「カビによる感染」があります。
もともと犬は、皮膚に「常在菌」と呼ばれる菌を数多く持っており、犬が健康な間はその影響を受けることはまずありません。

皮膚感染症が発症するときは、犬の体調不良などで皮膚の免疫やバリア機能が低下し、菌が異常繁殖してしまうケースがあります。
つまり、風邪や、内臓疾患やガンといった別の病気にかかっている可能性もあるので、たかが皮膚病と思わずにきちんと受診することが大切です。

外部寄生虫

ノミやマダニなど、外部の寄生虫に感染することで起きる皮膚病です。

ニキビダニ症

犬の毛穴に巣食った寄生虫が原因。
2〜3cm程の脱毛が起き、やがてニキビのような膿胞がたくさん出て、皮膚がただれてきます。

疥癬

皮膚に潜り込んだ「疥癬」というダニの糞などに皮膚がアレルギー反応を起こし、激しいかゆみに襲われます。


細菌感染

代表的な病例として「膿皮症」が挙げられます。
不衛生で汚い環境の中で皮膚が汚染されたり、すり傷や噛み傷から、黄色ブドウ球菌などの病原細菌が感染し発症します。
過度の洗顔や犬の体質に合わない成分を含むシャンプーの使用も原因になります。

カビによる感染

犬小胞子菌などのカビが、爪や毛、皮膚に感染して起こります。

真菌症

皮膚糸状菌が原因。脱毛・鱗屑(りんせつ)・紅斑(こうはん)などの病状が現れます。

マラセチア皮膚炎

酵母様真菌が原因。独特の臭いを発するとともにとてもかゆがります。


アレルギー

アレルギーによる皮膚病で最も多いのが、ノミに噛まれることで起こる「ノミ・アレルギー」。
この他にもアレルギーの原因物質であるアレルゲンを吸い込むことで起こる「アトピー性アレルギー」や、アレルゲンを含む食器や衣服などに触れることによる「接触性アレルギー」、牛肉、牛乳、大豆、小麦、卵などに反応する「食物アレルギー」などがあります。

いずれの場合も、獣医師とともにアレルゲンを特定し、それを犬から遠ざけることが重要です。

かゆみを悪化させる原因を取り除くことも大事!

こんなことはかゆみを悪化させる原因に。

  • 住環境の温度が高く、湿度が低い。
  • 犬が何らかの原因でストレスを溜めている。
  • 食事の栄養バランスが崩れている。

これらのことがあると、皮膚の健康状態がさらに悪くなり、かゆみはますます悪化してしまいます。
皮膚病の原因を特定して治療するのと同時に、生活環境を改善してあげることは、飼い主さんの重要な役目。
日々の努力で、愛犬が健やかに過ごせる環境を整えてあげましょう。

また、愛犬の異常を察知したら早めに獣医師さんに診てもらうことが大切。
かゆがり出した時期や、かゆがる状況、かゆがる頻度などの詳しい症状をよく確認して病院に行きましょう。