B-3_nekonoibiki

愛猫が気持ち良さそうにクークー寝息をたてて眠っている姿は、見ているだけでなんだか気持ちが癒されますよね。

では、その寝息がいびきだったとしたらどうでしょうか?
少しぐらいのいびきであれば、なおさら可愛く思えることでしょう。

しかし、眠るたびにやたらと大きないびきをかいたり、シニア期になってからよくかくようになったとしたら、そこには何か病気のサインかもしれません。

いびきは上気道を通る空気の振動音

いびきとは息(空気)が鼻から鼻腔、喉頭などの上気道を通るときに起こる振動音のこと。
これは人も猫も大差はありませんが、人の場合は眠ると口蓋垂や舌のつけ根が下がり、同時に周囲の筋肉まで緩むことでノドが狭くなって音が出やすくなります。

一方、猫のいびきは主に鼻腔内が狭くなることで発生します。
いずれにしても肥満やアレルギーで気道が狭くなっていればそれだけいびきをかきやすくなりますし、鼻腔内に異物や腫瘍があればそれらが原因で振動音=いびきが起こることもあります。
また、もともと鼻腔内の狭いペルシャやヒマラヤンのような短頭種は、異常がなくてもいびきをかきやすい傾向にありますが、どんな種類の猫であろうといびきには少し注意を払いたいもの。
猫のいびきが気になってもいつものことだと思って見過ごしていたら、実は病気の兆候だったというケースもあるのです。

いびきで疑われる病気を詳しく見ていきましょう。

いびきで疑われる病気

○感染症による鼻炎

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、クラミジアなどのいわゆる「猫風邪」と呼ばれる感染症によって鼻の粘膜が炎症を起こして鼻炎となり、腫れや分泌物で鼻腔内が狭くなっていびきをかきやすくなります。鼻水を伴うことも多くあります。
特に外にでる習慣のある猫は、猫風邪の原因となるウイルスや細菌に感染しやすいため注意が必要です。

また、年をとるにつれ体力や免疫力が衰えて、感染症にかかりやすくなります。若い頃はいびきをかかなかったのに年をとってからかくようになった猫は、なんらかのウイルス感染症にかかっているのかもしれません。 咳や発熱などの症状がなかったとしても、シニア世代の猫がやたらといびきをかきだした場合は、一度動物病院で相談したほうが良いでしょう。

○軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

上あごの奥にある膜状の組織を軟口蓋といいますが、これが生まれつき長いと呼吸をするたびに振動が起きやすく、いびきをかくことにつながります。
症状が重い場合はいびきをかくだけではなく、起きているときの呼吸さえも苦しくなることがありますし、場合によっては食べ物が飲み込みにくいといったことも起こります。
症状が重くなるようなら切除手術が必要になるケースもありますので、早めに獣医さんに相談して適切な処置を受けさせてあげましょう。

○肥満やアレルギー

肥満によって首やアゴなどに脂肪がつきすぎると、気道が圧迫されて狭くなり、いびきをかきやすくなります。
また、なんらかのアレルギーによって気道や鼻腔内が腫れてしまった場合も、やはりいびきをかくことがあります。
いずれにしても、肥満やアレルギーでいびきをかくのは気道が圧迫され呼吸がしにくくなっているわけですから、呼吸困難はもちろんのこと高血圧や免疫機能の低下など、万病の元になるので注意が必要です。
肥満が原因なら適性体重に戻るようダイエットをさせる、アレルギーが原因の場合はアレルゲンを特定し、それを遠ざけることで症状が出ないようにするなど、適切な対処を行いましょう。

重篤な病気が原因でいびきをかくことも

○鼻腔内腫瘍

鼻腔内に腫瘍ができていると鼻水やくしゃみなどの症状だけではなく、いびきもかくようになることがあります。
もし今まではいびきをあまりかかなかったのに、ある時から急にかきはじめた場合は、早めに獣医さんで診察してもらうようにしましょう。万一腫瘍だとしたら、そのまま放っておくと命に関わる危険性があります。

○心筋症

心筋症の中で特に多い「肥大型心筋症」にかかった場合、猫の心臓は筋肉が分厚くなっていきます。そして肥大した心臓が気管や気管支を圧迫し、その結果いびきをかくことがあります。
心筋症は初期症状がわかりにくく、大きな症状が見られないことも珍しくありません。
いつもよりなんだか元気がないな、程度に考えていたらいつの間にか症状が進んでしまい、ぐったりとしてうずくまってから初めて重篤な病気だったとわかることもあるのです。

気になったらすぐに動物病院で受診を

多少のいびきは健康な猫でも、また短頭種の猫ではなくてもかくことがあります。
しかし、寝ているときは必ず大きないびきをかいたり、起きているときでも呼吸にいびきのような雑音が混ざる場合は、何か原因があるはずです。
「たかがいびきのことで…」などと遠慮したりせずに、気になったら早めにかかりつけの獣医さんに相談しましょう。
その結果、なんでもなければそれでいいのです。
一番怖いのは大したことないだろうと軽く考えていたら、実は危険な病気のサインだった、というケースではないでしょうか。