A-1_nekonobenpi

猫は体の構造上、犬よりも便秘を起こしやすいと言われており、その原因もさまざまあります。
ここでは猫の便秘の原因と症状、飼い主さんが普段から予防のためにしてあげられることを紹介します。

主な便秘の原因 ~高齢、運動不足、誤食や毛玉、食事、ストレス、病気など~

猫の便秘の原因は、以下のようなものがあります。

  • 1. 高齢や運動不足により消化器の機能や筋力が衰えて、便をうまく押し出せないために腸の途中で便がつまってしまう。
  • 2. ビニールや紙などの異物を食べたり、毛づくろいで飲み込んだ毛玉が胃の中にたまり、便が出るのを阻害してしまう。
  • 3. 極端な偏食や水分摂取不足によって便が硬くなり出づらくなってしまう。基本のフードで繊維質が少ないフードだけを食べている、また反対に、繊維質の多すぎるフードを食べ続けている場合も注意。
  • 4. 環境が変わったり、トイレが汚れているなどのストレスで消化・排せつ機能が低下してしまう。
  • 5. 事故や高齢による骨の変形で、骨盤の形が変わってしまって便が通りにくくなったり、腸の病気や回虫などの感染によって便秘を起こす。

猫が便秘のときにみられる症状

猫が便秘になると何度もトイレに行ったり、トイレ周辺をうろうろしたりするようになります。
排便の姿勢をとり、硬いコロコロの便が少し出ることもありますが、ほとんど便を出すことができません。

また便秘が長く続くと、猫は食欲がなくなってしまいます。
食欲があっても、吐き気や膨満感で食べたものを吐いてしまうこともあり、脱水状態に陥ってしまうこともあります。
嘔吐がある場合には、水分をこまめに与えてあげましょう。
お腹が痛い、不快感がある場合はお腹を触られるのを嫌がり、まったく猫に触らせてもらえなくなることも。

このような状態で3日以上続くようなひどい便秘の場合は、病院で治療が必要となります。

「便秘?下痢?オシッコは出てる?」など様子のチェックを

猫が何度もトイレに通うなど様子がおかしい場合は、その状況をよく確認するようにしましょう。
便秘のとき、便ではなくて粘膜のようなものが出ることがあるため、下痢と勘違いしてしまうこともあります。

そして特に気をつけたいのは、「便が出ないのか」「オシッコが出ないのか」を見極めること。
猫は膀胱炎などでオシッコが出にくくなる病気になることがあり、そのような場合は、すぐに治療をしないと重篤な状態になってしまいます。
注意して見分け、オシッコが出ていない場合には早急に病院に連れて行きましょう。

飼い主さんができる猫の便秘予防方法

猫の便秘の原因が何らかの病気の場合は病院での治療が必要ですが、普段から便秘がちな猫には、便秘がひどくならないように飼い主さんが予防してあげることができます。

  • 1. 繊維質を含んだフードを与える
  • 繊維質を含んだフードを与えると、便秘予防に効果的です。
    市販のフードでは、「毛玉ケア」と書かれたフードが当てはまります。
    ただし、繊維質の多いフードを与える場合には、十分な水をあげることも忘れずに。
    繊維質を多く摂って水分が不足すると、逆に便が硬くなってしまうこともあります。


  • 2. 食事に油分を少しだけ混ぜる
  • 便秘がちの猫の場合は、食事の中にサラダオイルやバター、マーガリンなどの油分を、1日にティースプーン1杯ほどを混ぜると便が出やすくなることがあります。
    ただし、バターは塩分が強いため無塩のものを使いましょう。
    また、あまり与えすぎると逆に下痢を起こすので、便の様子を見ながら与える量を調整してください。


  • 3. ひもやリボンを猫の手の届くところに置かない
  • 猫が誤食しそうなひもや小物などは、猫の手の届かないところへしまっておきましょう。
    ゴミなども誤食しないよう住環境を清潔にしておくことも大切です。


  • 4. こまめなブラッシングを
  • 毛玉を飲み込むのを防ぐため、ブラッシングをしてあげましょう。
    特に長毛種の猫や換毛期には、毎日のまめなブラッシングが大切。


  • 5. 充分に運動させてあげる
  • 運動不足にならないように、猫と一緒にじゃらしなどで遊んであげましょう。
    家の中で上下運動ができるように、キャットタワーを置いたり、家具を段々において高いところへ登ったり下りたりできるようにしてあげても良いでしょう。


  • 6. 高齢の猫にはマッサージを
  • 老齢期に入った猫は、運動量が減り、骨が変形して骨盤の形が変わることもあり、若い猫よりも便秘がちになります。
    高齢猫の場合は、無理に運動をさせるよりも飼い主さんが優しくお腹をマッサージして、腸の運動を促してあげましょう。
    その際は、時計回りに「の」の字を書くように、お腹の上をなぞる程度の力でマッサージすると効果的。
    強い力でマッサージをするとお腹を圧迫して嫌がられるので、あくまでもそうっとなぞるように優しく行うようにしてください。


  • 7. 猫のトイレは、いつも清潔に!
  • トイレが汚れているだけで、トイレに行かなくなってしまうこともあります。
    また、引っ越しや同居人、同居猫が増えたなど、環境が変わった場合は、今まで以上に猫とスキンシップを図り、優しく声をかけてストレスを緩和してあげるようにしましょう。

普段の生活で便秘を予防してあげることが一番

たかが便秘と放っておくと、猫の体に負担がかかり、便秘が慢性化してしまうこともあります。病院通いともなると、猫にとっても飼い主さんにとってもつらいですよね。
普段から猫の様子をよく観察し、遊んだりブラッシングしたりマッサージをしたりしてスキンシップを図りながら、猫の便秘を予防してあげましょう。

また、普段から猫の様子を観察して便秘が続く、元気がないなどの場合はすぐに病院で診てもらうようにしましょう。