B-3_byouingirainoneko

猫は動物病院に限らず、知らないところに行くことを嫌います。
縄張り意識が強く単独行動を続けてきた生き物なので、知らない人に触られる動物病院が嫌いなのは当然のことかもしれません。
子猫時代は大丈夫でも、成猫になってから病院嫌いになる猫もいます。今回は、病院が嫌いな猫に少しでもストレスをかけずに連れていくコツをご紹介します。

キャリーバッグ選びのポイント

キャリーバック選びは意外と重要です。
様々なタイプのキャリーバッグが販売されていますが、タイプによっては非常に猫を入れづらく、出しにくいものもあります。
以下のポイントを考慮して、選んでみましょう。

1.固さがあるもの

布製のキャリーバッグはデザインが豊富で、可愛いものも多いですが、あまり使い勝手は良くありません。
固さがないと猫を入れるのに手間取ってしまい、猫を怒らせる原因にもなります。
プラスチック製などのしっかりしたものの方が猫を出入りさせるには向いているでしょう。

2.上が開くor 蓋が取れるもの

猫は引っ張られることを非常に嫌うため、横しか開かないキャリーバッグだと出てくれなくなってしまうことがあります。
キャリーバッグから出るときに興奮させてしまうと、その後の検査や注射にまで影響が及びます。
また、上が取れるタイプであれば、簡単な触診や注射ならキャリーバッグの中で行うことができますよ。

洗濯ネットに入れる方法は?

洗濯ネットに猫を入れて病院に連れていくという習慣がありますが、洗濯ネットのみに入れて移動させることはおすすめしません。
ネットが破けてしまったり、猫同士が洗濯ネットに入った状態のままで喧嘩してしまうことがあるからです。
単独での使用は避け、洗濯ネットに入れ、更にキャリーバッグに入れましょう。
そうすることで、洗濯ネットの網目から注射することもできますし、キャリーバッグから安全に猫を出すこともできます。

猫が捕まらない時はどうすればいい?

来院当日に猫が捕まらず、予約をキャンセルせざるをえないこともあります。
猫によってはキャリーバッグを取り出しただけで逃げ回ってしまうことも。
キャリーバッグに慣れさせるためにも日頃からキャリーバッグを部屋に出しっぱなしにしておきましょう。中にクッションなどを入れておけば、猫も好んで入るでしょう。

また、闇雲に追いかけるのではなく、猫が隠れるスペース(机の下、本棚の上)のない4畳半ほどの狭い部屋におもちゃやおやつで誘導してあげると捕まえやすいでしょう。
猫は逃げる時には箱に隠れようとするので、キャリーバッグを部屋の角に設置すると自分で入ってくれることもありますよ。

動物病院に来てから気を付けたいポイント

最も大切なことは病院で嫌な思いをさせないことです。

待合室では他の猫と目が合わないように、猫の匂いがついたタオルなどでキャリーバッグを覆いましょう。
人間とは仲良くできても、他の猫がいるだけで非常に興奮してしまう猫もいます。
飼い主さんや自分の匂いがあると安心するので、タオルは新しいものより、クッションにかけているものなど普段使用しているものをキャリーバッグの上からかけるか、中に入れてあげましょう。

また、診察の際によくある失敗例として、早く猫をキャリーバッグから出してしまい猫がイライラし始めてしまうことがあります。
動物病院は問診に時間がかかります。初診の患者さんでは30分以上かかることも少なくないので、その間は猫に飼い主さんの顔が見える位置にキャリーバッグを置いてあげましょう。

飼い主さんの声がけは穏やかな声で

処置中は大きな声で「◯◯ちゃん!頑張って!」などと声をかけるとかえって猫が興奮してしまうことがあります。
また「だめ!こら!」などと叱っても猫の性格上、怒られてもまずおとなしくなりません。
声をかけるときは、穏やかな声で「大丈夫だよー」など、飼い主さんが近くにいることを伝えて安心させてあげるようなイメージが良いでしょう。

また、好きなおやつを持参し、検査が終わるごとにおやつを1口あげると猫も楽しく検査ができます。
病院から帰ったら好きな缶詰などをあげて、「病院から帰れば美味しいものがもらえる!」と覚えてもらうのも良いでしょう。

まとめ

動物病院に行くのがどうしても難しい場合は往診という選択肢もありますが、知らない人が来ると家の奥の方に隠れてしまうという猫の場合、結局何もできないこともあります。

私が昔飼っていた猫も警戒心が強く、車が嫌いでした。抱っこ慣れしていない猫は本当に連れて行くのに苦労しますが、日頃からキャリーバックに馴染ませることと、病院で怖い思いをさせないことがスムーズに検査を行う非常に大事なポイントになります。

動物病院も猫にストレスがかからないよう考慮されたキャットフレンドリーな病院が増えてきています。
病院スタッフと飼い主さんが協力することで、通院に伴う猫のストレスを和らげることができるでしょう。