B-3_nekonohige1

家の中でネコのひげが落ちているのをみつけたとき、ラッキー!と思ってしまうことがありませんか?
我が家では、落ちていたネコのひげをネコのグルーミング時にできた「ネコ毛玉」と一緒に保管しています。
特に集めているという訳ではなく、自然と集まってしまうのですよね。
調べてみると、愛猫家の間では意外とネコのひげを集めて保管している人が多いようです。

抜けてしまった「ネコのひげ」はどうしていますか?

「Yahoo知恵袋」での質問で、こういうものがありました。

“抜けてしまった猫のヒゲはどうなさってますか? 私は捨てられなくて十数本のヒゲ(2匹分)を保存してます。”

その質問に回答されている方々のコメント

“当然すべてとってあります!何十本もありますよ~ちなみに抜けた歯も。。。♪”
“ジップロックに保存しています。。。乳歯と一緒に入ってます。。。”
“自分も取っておいてます。なんか捨てるのももったいない(?)ので。チャック付きの袋に入れて、財布に入ってます。”
“小さいジップロックに入れて貯めていってます。それを毎日使う家計簿に挟んでます…お金が貯まる?なんてことはありませんが。笑“

(出典:Yahoo知恵袋

なるほど。乳歯と一緒にとっておく人もいるのですね!
それから皆さん、ひげを保管するために「ジップロック」(チャック付のビニール袋)を活用されているようです。

ちなみに、我が家ではジャムの空き瓶の中に入れて保管していますよ。

Exif_JPEG_PICTURE
(グルーミング時にできた毛玉とひげを一緒にガラス瓶に入れています)

みなさん「ネコのひげ」をこんなふうに保管している

愛猫家のみなさんは、色々なグッズを使って保管しているようです。

飾りながら保管する

B-3_nekonohige3
画像出典:blogとらくまかふぇ

たくさん「ひげ」が刺さっていますね!
こちらは京都の作家sakusakuさんが作られている、ネコのひげを飾りながら保管することができるグッズです。
左右のひげ穴に一本ずつさしたり、写真のように、たくさんさしたりもできます。

参考:ここだけの器 sakusaku Shop

お守り袋に入れて保管する

B-3_nekonohige4
画像出典:blog猫と千夏とエトセトラ

こちらは京都市在住の猫イラストレーターである岡田千夏さんが作られた「猫のひげのお守り」袋です。

もともと、「お守り」をテーマにした展示会用に作られたものだそうですが、当時かなり人気があって完売となったそうです。
その後もまだ作られているのか問い合わせてみたところ、現在もひとつひとつ手作りで作られていて雑貨店に置いてもらっているとのこと。

記事の参考のため見本を送って頂けることになり、せっかくなら我が家のネコに似たものを作ってくださるというご厚意で、
今回は特別に我が家のネコにそっくりなイラストを手描きで描いて頂きました!

Exif_JPEG_PICTURE
(左:我が家のネコ 右:届いた見本のお守り)

なんてそっくりなんでしょう!細部まで丁寧に描かれています。
和紙に手描きでイラストを描き、ひとつひとつ手作りで作られた「猫のひげのお守り」です。
ネコのひげをこのようなお守り袋に入れておくと、いつも一緒にいるみたいで嬉しいですよね。
和紙の手触りも心地よくて、温かみを感じます。プレゼントにしても喜ばれそうです。

B-3_nekonohige6
画像出典:blog猫と千夏とエトセトラ

他にもたくさんの種類のネコが描かれています。お気に入りのネコを探すのも楽しいですね。
現在はこちらの雑貨店で買うことができるそうです。
ぜひ実物を見に行ってみてくださいね!

参考:岡田さんに教えて頂いた「猫のひげのお守り」が買える雑貨店
・東京吉祥寺の「路地裏猫雑貨マルルゾロ」さん(http://maruruzoro.com/
・京都の「ごはんcafaたまゆらん」さん(http://cafetamayuran.jugem.jp/
・京都の「イヌネコ手作り雑貨little footmark REN」さん(http://www.geocities.jp/saishikikoubou_ren/index.html
・沖縄名護市の「ル・シエル」さん(http://nyaago.ti-da.net/

更に大切に保管したい方には、「桐製ネコひげケース」も

B-3_nekonohige7
出典:amazon

ネコのひげを捨てるには忍びない!記念として大切に保管したい!という方には、桐でできた「ネコひげケース」というものがあります。
赤ちゃんの「へその緒」を記念として桐の箱で保管することがありますよね。
桐の特徴としては、虫がつきにくい、腐りにくいという特徴があり、さらに吸水性がよく湿気をしっかりカバーしてくれるため長期保存に優れていること。
こちらは、ネコちゃんの思い出としてネコのひげを大切に保管するのに向いています。
桐の箱に入っていると、なおさら大切に思えますね。

参考:猫専用 桐製猫のひげケース【高級桐天然木使用】

財布に入れておくとご利益があるという噂も…

「ネコのひげを財布に入れておく」という人も多いようですね。
これは「ネコのヒゲをお財布に入れると金運がアップする」からだそう。
ネコのひげには厄除けや金運アップのご利益がある…とよくいわれているようですが、調べてみても、明確な出処はわかりませんでした。
それでも、愛するネコのひげを身につけておくと、なんだか守ってもらっているようで幸せを感じるという気持ちはわかりますよね。
ただし、猫にとってひげは外界の変化を感知するセンサーのような非常に大切な役割がありますので、絶対に抜いてはいけませんよ。

そこにあるのはネコを大切に思う気持ち

いかがでしたでしょうか。
ネコのひげが落ちていたら、ただ嬉しくて集めてしまう人や大事に飾っておく人、お守りにする人、亡くなったネコの大事な思い出として保管している人など、色々な人がいます。
そこに共通するのはネコを大切に思う気持ちです。
もはやただのペットではなく、家族の一員、大切なパートナーとしてネコと暮らしている人が多いのだなということを実感しました。

我が家でもこれからネコのひげを集めておいて、記念として大切に保管したいと思います。