Small grey pet kitten starring out apartment window
 
  • 猫と一緒にまったり過ごすという生活、一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。
    でも、いざ猫を飼ってみると大変なことが多いのも事実です。
    爪とぎをされて家具や柱がぼろぼろになったり、壁に向かっておしっこをされてなかなか臭いがとれないなど、猫と一緒に暮らしていると悩みが尽きません。
    どうすれば猫と快適に暮らすことが出来るのでしょうか。

     

    猫と一緒の生活、こんなことに困っています!

     

    猫にとっては必要な事でも、私たちにとって困ることは多いですよね。


    ・家具や柱、カーテン、本などで爪をとぎ、ぼろぼろにしてしまう。
    ・ふすまや障子に穴をあける
    ・壁や布製品におしっこをかける
    ・網戸やドアを開けてしまう
    ・逃走する

    猫を飼っている方なら、このような経験が一度でもあるのではないでしょうか?
    猫と快適に暮らすには、このような猫の習性を理解して対策をすることが必要です。

    例えば、猫は必ずと言ってよいほど爪とぎをします。
    これは爪にできるあま皮をはがすためです。
    歳をとった猫の爪は分厚くなっていますが、これはあま皮がはがれずどんどん積み重なってしまったことが原因なのです。

    また、猫は自分のおしっこを壁や柱にかけることで、そのエリアは自分の縄張りだと主張する「スプレー」という行為を行います。
    これらは一例ですが、この様な猫独特の習性を理解しながら対策を立てていきましょう。

     

    猫と快適に暮らすコツ:爪とぎ対策編

     

     

    爪とぎ柱を設置する


    猫は決まった場所で爪をとぐ傾向にあります。
    不安定な場所でとぐことはほとんどなく、後ろ足で立って無理なく届く場所、そして力を入れても安定して倒れない柱は格好の場所です。
    そこで、柱にあらかじめカバーするように板を取り付けたり、太めの縄を巻き付けて柱をガードすることで対策しましょう。
     

    腰板を貼る


    力をいれても安定しているといえば、木製の壁なども格好の爪とぎ場。
    そこには床面から60cm位の高さまで腰板をはったり、長尺シートを張ったりすることで爪とぎの被害を防ぐことができます。
    場所が決まっているようであれば、そこだけガードすると費用を押さえることができるでしょう。
     

    籐製の家具などを置かない


    消極的なやり方ですが、爪を引っ掛けやすい家具を選ばないことも大切です。
    一度爪を立ててしまうとお気に入りの場所になってしまい、繰り返します。

     

    猫と快適に暮らすコツ:おしっこ対策編

     

     

    スプレー対策


    猫がスプレーをする場所は、実は決まっていることが多いのです。
    臭いが薄れたりするとその上から自分の匂いをつけ直すためにスプレーしますが、この行動をやめさせることはなかなか難しいもの。
    そこで、スプレーする場所が決まっているならば、その場所に液体を吸収しない素材の板などをはることをお勧めします。
    壁にかけたおしっこは垂れて床に溜ることもありますので、壁だけでなく床対策もお忘れなく。
     

    猫トイレの臭い対策


    こまめにトイレ掃除をしてもなぜか臭うのが猫のトイレ。
    特にオス猫の尿には「フェニリン」という物質が含まれ、これが猫の尿が強烈に臭う原因です。
    対策としては、猫のトイレは定期的に熱湯消毒することで強烈な尿臭がかなり軽減されます。
    また、猫トイレの周りには尿のしぶきや猫砂が飛びやすくなりますので、染み込みにくい素材のパネルなどを取り付けると良いでしょう。

     

    猫と快適に暮らすコツ:カーテン・建具対策編

     

     

    ひらひらしたものは猫の好奇心をあおる


    カーテンに爪を引っ掛けて登り、爪を引っ掛けぶら下がるようにして降りる猫たち。
    猫は上下運動を好むのです。
    しかし、その結果カーテンのあちこちに穴があき、ぼろぼろになってしまいます。

    そこでお勧めなのがツルツルした素材が多いロールスクリーン。
    目の細かい素材で表面がつるつるしているので、爪が引っ掛かりにくく登りにくくなっています。
    巻き上げるためのひもは垂らしておくと格好のおもちゃになりますので、猫の手の届かない範囲にまとめるようにした方が良いでしょう。
     

    キャットタワーやキャットウォークを設置する


    カーテンやたんすに上らせないコツは、登る欲求を満たしてあげることです。
    そのためにキャットタワーやキャットウォークを設置してあげましょう。
    その側近くににカーテンやたんすがあるとジャンプして移動しますので、離して設置してください。

     

    まとめ

     

    大切な家族でもある猫との生活。
    お互いが快適に暮らすためには、どうすれば良いかという悩みを抱えている方もいらっしゃることでしょう。
    今回ご紹介した対策で、家をリフォームしなくても取り組めることはたくさんあるはず。
    取り組みやすいことからスタートし、猫と一緒にまったり生活したいものですね。