B-3_nekonokaradanotokutyou

以前、イヌモネコモでは「眼・視覚編」として猫の視力についてまとめましたが、今回は猫の鼻と嗅覚についてです。

視力があまり良くない猫にとって嗅覚は非常に重要です。
私たちは人を顔で覚えて名と一致させますが、猫はにおいで相手が誰かを覚えています。
また、食事が腐っていないかどうかもにおいで判断しています。

猫の嗅覚の秘密について解説します。

1. 猫の嗅覚は鋭いにゃ~

猫の鼻は犬に比べると小さく、ちょこんとついています。
犬は走りながら嗅覚を頼りに獲物を追いかけるため、埃や冷気が鼻に入っても大丈夫なように長い鼻がフィルターの役割をしています。
また、犬は人間の100万倍鼻がいいと言われています。

猫は獲物を待ち伏せして狩りをする短期決戦タイプなので長い鼻は必要なく、犬ほどの嗅覚も必要ありませんでした。
猫の嗅覚は哺乳類の中で比較した時、ちょうど真ん中ぐらいといわれています。

しかし、猫は犬には敵わないものの、人間よりは遥かに鼻が効きます。
においを感知する鼻粘膜は人間の5倍あり、体の大きさに比較してにおいを認識する脳の部分(臭球)も人間よりかなり大きいです。

猫の鼻が濡れているのは、においを強めるためです。
猫の鼻が乾燥していると体調が悪いサインといわれますが、寝ているときは乾いていることもあります。

また、猫の食欲は嗅覚によって刺激されるので、鼻が詰まると食事を全く取らなくなってしまうこともあります。
そんな時はウェットフードを温めてあげると良いでしょう。

2. においでコミュニケーションをとるにゃ~

猫の世界では、においで情報伝達をしています。

猫の頬からはフェロモンが出ており、このにおいは猫を落ち着かせる効果があります。
猫が柱や家具、または飼い主などに首や顔をこすりつける行為も、フェロモンを付けてマーキングすることで猫自身が落ち着く環境を作っていると考えられます。

当院では、猫を落ち着かせるために人工的に合成されたフェロモンを散布しますが、人間はこのにおいをはっきりと感知できません。

「猫にモテる方法」でご紹介した「キャットスキャン」も、においによるコミュニケーションのひとつ。においによって相手が誰かを認識しています。

また、オス猫の尿のにおいが強いのは、尿中のフェニリンというアミノ酸が独特なにおいを発しているからです。
これもマーキングにより周りの猫に自分の情報を伝えています。このにおいは人間でも十分感知できるほど強いです。

3. 第二の嗅覚でフレーメンが起こるにゃ~

人間以外の多くの哺乳類は、通常の嗅覚とは別に第二のにおいを感じ取ることができます。

猫も第二の嗅覚を持っており、そのにおいを感知する場所をヤコブソン器官または鋤鼻器(じょびき)といいます。ヤコブソン器官は鼻の軟骨にあり、猫の上顎の前歯のすぐ裏にある管とつながっており、ここからにおいを吸い集めます。

解説図

そのため、口を閉じている状態ではヤコブソン器官の能力を発揮することはできません。
猫がヤコブソン器官を使ってにおいを感じる時は神妙な顔つきで口を半開きにします。
これはヤコブソン器官ににおいを送るために口を開いて前歯の裏の管を広げているのです。
この特徴的な表情は「フレーメン」と呼ばれます。

フレーメン
(フレーメンの表情をする猫)
 

面白いことにヤコブソン器官の感度は猫>犬なのです。
猫の方がヤコブソン器官が発達している理由として、犬は自分以外の犬と関係を築く時に鳴き声や動きでコミュニケーションをとりますが、猫は直接的に接触しないため、嗅覚によって自分以外の猫の情報を集めたためかもしれません。

猫はもっぱら他の猫と接触した時にフレーメンを行うので、他の猫の識別や発情期か否か、パートナーとしてふさわしいかなどを判断するために使われていると考えられています。

また、人間の靴下を嗅いだ時に猫がフレーメン反応をするのは、靴下のにおいをフェロモンと勘違いしている可能性があります。
靴下はただ臭いだけでなく、猫にしか感じられない何かがあるのでしょう。

次ページ>>マタタビ以外に猫がにおいで酔っ払うものとは?