飼い主さんの事情で手放された高齢猫が最期まで安心して暮らせる場所を作ろう。そんな想いで作られたイギリスにある、「リンカンシャー・トラスト・フォー・キャッツ(Lincolnshire Trust for Cats)」という素敵な「老猫ホーム」のお話を紹介します。

B-4_cathome1
画像出典:Metro
 

高齢猫たちの終の棲家を作ろう

飼い主さんが高齢になり高齢者施設に入居することになった時、それまで一緒に暮らしてきた猫たちは一緒に連れていけないことが多いのが現状です。やむを得ず動物保護施設に預けても、飼い主さんと共に長い間暮らしてきた猫たちも高齢なことが多く、なかなか次の飼い主さんが決まらない…。そんな状況をなんとかしようと、イギリスでジェーン・ヒルズさんという女性が1999年に「リンカンシャー・トラスト・フォー・キャッツ(Lincolnshire Trust for Cats)」を設立し、行き場のない高齢猫たちを受け入れ始めました。

現在、76匹の高齢猫が住んでいる

「リンカンシャー・トラスト・フォー・キャッツ」では、現在、10歳から20歳の高齢猫(人間の年齢に換算すれば60歳から100歳にあたる)76匹が共同生活を送っているとのこと。

B-4_cathome2
画像出典:Metro 
(ジェーン・ヒルズさん、ボランティアスタッフ、施設で暮らす猫たち)
 

これらの猫たちの「お世話料」は、猫の入居時に支払われる850ポンド(約16万円)のみだそうです。しかし、運営しているチャリティーストアの収入や、寄付の収入もあるので、猫たちは快適に暮らせている様子です。

施設というより、個人の家のような快適さ

「リンカンシャー・トラスト・フォー・キャッツ」は7エーカー(約2万8328平方メートル)の敷地に建てられています。
施設には猫たちが日光浴するための日当たりの良いリビングルームがあり、快適なソファーには居心地の良いラグや電気毛布が置かれています。暖炉やセントラルヒーティングも備えられており、温かいところが好きな猫には快適な空間になっています。

B-4_cathome3
画像出典:Metro
(暖炉の前でボランティアスタッフと過ごす猫たち。温かそうですね!)
 

猫が逃げ出さないように囲まれた庭もあり、外にも出ることができるのですが、猫たちの多くは暖炉の前で昼寝をしたりして一日を過ごしているそうです。
食事は個々の猫たちに合った最高品質のものが与えられており、施設内にある医療施設ではスタッフが24時間体制で猫たちのお世話にあたっているとのこと。これなら病気になっても安心ですね。

「リンカンシャー・トラスト・フォー・キャッツ」は施設とはいっても、まるで家に住んでいるかのように配慮された快適な空間になっています。 高齢猫たちが安心して暮らせる、「老猫ホーム」のアイディアはとても素敵ですね。 日本も高齢化が加速しているので、飼い主さんと暮らせなくなった高齢猫たちの行き場が心配です。 このような、高齢猫のための「老猫ホーム」ができてくれたら安心ですね。

【参考】
Metro
Welcome to the retirement home where all the residents are CATS

ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2015/03/10/554575/

「LINCOLNSHIRE TRUST FOR CATS」 ホームページ
http://www.lincolnshiretrustforcats.co.uk/index.html