Cute kitten and headphones. Young cat is listening to music with headphones

あなたの愛猫は音楽が好きですか?

自室などで音楽を聴いている時に、猫ちゃんたちの様子を見ていると猫耳をピクピク反応させて、明らかに耳を澄ませていることがありませんか?しかしながら、種が違えば、音に対する感性が異なるのは当然のこと。猫は聴覚も発達しているし、猫にとって心地よい音とは、きっと人間とはかなり異なるに違いありません。今回は、科学的に開発された猫音楽のお話をしましょう。

猫音楽に対する猫たちの反応実験

ウィスコンシン大学マディソン校の研究チームが、猫にとって自然に聞ける音声を調査し、人間よりも1オクターブ以上高い周波数域に合わせて作曲を依頼。
この「音楽」には、猫がゴロゴロ喉を鳴らす音、おっぱいを吸う音、仲間の鳴き声など、猫の好きな音とテンポが取り入れられています。
また、猫は周波数の変動を多用するので、人間の音楽よりも音色の変動を多く取り入れて開発したそうです。

こうして作曲された音楽を、47匹の飼い猫に自宅で飼い主と一緒に聴いてもらうという実験を行いました。
また、同時に人間にとって心地よいと言われているクラシックの名曲、バッハ『G線上のアリア』とフォーレ『エレジー』を流して比較をしました。

すると、この猫音楽を流した時は、猫たちは明らかに関心を示し、スピーカーに近づいて身体をこすりつける、いわゆるマーキング行動を見せたという。
それに対し、クラシック音楽を流した時は、怖がったりはしなかった反面、猫音楽の時とは異なり、身体をこすりつけるような行動は見られず、猫たちは無関心だったという。

動画で反応の違いを観察

さて、実際にこの猫音楽を聴かせてみるという実験をした方が動画を投稿されていましたので、ご紹介します。

OllyとPearlという2匹の猫に猫音楽を聴かせてみます。

B-4_music1
出典: Youtube
(手前がOlly、右手奥の黒猫がPearl)
 

Ollyのほうは、耳を澄ませてはいるようですが、さほどの興味は示しません。不思議そうにしているだけに見えます。ところが、Pearlのほうは、耳を動かしたり身動きしたりと、明らかに顕著な反応を示しています。

B-4_music2
出典:Youtube
(Ollyはあまり反応を示さず…)
B-4_music3
出典:Youtube
(Pearlは大きく反応しています)
 

猫の年齢によっても反応に違いが

ウィスコンシン大の研究では、猫のどの種が音楽に対して強い嗜好を示すか、「好む」かどうかは、被験者となった猫の大半が雑種だったため、不明なのだそうです。しかしながら、中年の猫の反応は今ひとつで、若い猫と歳をとった猫は敏感に反応してくれたとのこと。上記の動画でも、Olly(6歳の中年)は不思議そうにしているだけなのに対し、Pearl(1歳半の若者、右側の黒猫)のほうには、確かに顕著な反応が見られます。

科学的に開発された「猫音楽」は下記サイトにて聴けるようになっています。
【Music for Cats】(http://www.musicforcats.com/21-listen.htm

ちなみにこちらの音楽は、迷子の飼い猫を保護する際に猫をリラックスさせるといった用途が考えられているそうです。

あなたのうちの猫ちゃんはいったいどんな反応を示してくれるでしょうか。ストレスの多い現代生活。家猫とはいえ、猫ちゃんたちも時にはストレスを感じていることがあるかもしれません。この音楽を聴かせて、リラックスさせてあげてはいかがでしょうか。

【参考記事】
http://news.discovery.com/animals/pets/music-made-for-cats-wins-feline-approval-150226.htm(英語) http://mentalfloss.com/article/61990/scientists-have-composed-music-your-cats(英語) http://www.gizmodo.jp/2015/03/post_16659.html